3月14日(月)、キャリア支援センターでは、幸町北キャンパス内・学習ラウンジにおいて、地元企業で働く本学OB・OGを中心とした若手社員と、就職活動中の学生が情報交換できる場「地域で働く先輩に学ぶ就活!」を開催しました。これは、平成27年度に「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」として採択された「うどん県で働こうプロジェクト」の一つとして開催したものです。

初めての開催となった今回は、今年度「鍛えあげインターンシップ」で連携した企業等14組織の、主に学生に近い立場の若手社員から、ホームページや会社案内だけではわからない雰囲気や魅力を伝えてもらいました。また、就職活動のことだけではなく、社会人の先輩としてのアドバイスもいただきました。

参加学生からは「様々な特色のある企業を知ることができて、視野が広がった。」「人事の方には聞きづらいことも年齢の近い先輩社員に聞けたのでよかった。」「就活の話だけではなく、人生の先輩としての話が心に残った。」等の意見が寄せられ、大変好評でした。

また、1~2年生の学生もスタッフとして参加して、準備だけでなく企業へのインタビューを行いました。これもまた、低学年次から地元企業への理解を深めるきっかけとなりました。

このページの先頭へ