3月24日(日)、香川大学において平成24年度卒業式及び大学院修了式を執り行いました。

今年度は、卒業生及び修了生の今後の活躍を祈念して、長尾学長をはじめ、役員、部局長はアカデミックガウンを着用し、正装での式典となりました。

学部の卒業式は、午前10時から講堂において来賓のご臨席のもと行われ、学長からそれぞれの学部の総代へ学位記が授与されました。

卒業生の内訳は、教育学部197名、法学部175名、経済学部294名、医学部163名、工学部234名、農学部156名の計1,219名です。

また、午前11時から第1体育館において大学院修了式が行われ、学長からそれぞれの研究科の総代へ学位記が授与するとともに、博士の学位取得者には学長から一人一人学位記を手渡された後、研究科長からメダルが贈られました。

修了生の内訳は、教育学研究科50名、法学研究科6名、経済学研究科7名、医学系研究科23名、工学研究科128名、農学研究科53名、地域マネジメント研究科28名、香川大学・愛媛大学連合法務研究科8名の計303名です。

式典終了後、講堂の前には花束を抱えた後輩らが出迎え、胴上げするなど卒業生の門出を祝っていました。

 

このページの先頭へ