3月21日(月)、高松市内のホテルにて、法学部県内高校生懸賞論文2015表彰式が行われました。法学部では、高校生の主体的な学びを応援し、本学と香川県内高校との連携を深めるため、「私と憲法」、「少年法/少年非行に関する今日的課題」、「香川県における若者の定住化」をテーマに、懸賞論文を募集し、受賞作品を決定しました。表彰式では、法学部長及び外部審査員からの講評の後、賞状と記念品の授与、そして受賞した高校生からも一言ずつ、喜びのコメントをもらいました。

このページの先頭へ