平成25年3月4日(月)東京都で開催された「社会人基礎力育成グランプリ2013」決勝大会に香川大学経済学部チームが中国・四国地区代表として参加しました。

残念ながら入賞は逃しましたが、中国・四国地区代表として堂々と発表を行いました。

社会人基礎力育成グランプリは、日本経済新聞社の主催、経済産業省の共催により「社会人基礎力」育成のための取組の一環として2008年から開催されているもので、本学からも毎年地区大会に参加しています。

今回本学から出場したのは、中国・四国地区大会で優勝した経済学部 犬飼知徳 准教授チームの佐々木悠さん、林瑠美さん、平野亜弥さん(経済学部3年)のチームで、今年度の実践型インターンシップ(「PBFactory」立ち上げに向けて:BtoCネットショップ立ち上げに向けた企業(日生化学㈱)との協働の実践)の実施結果をまとめて発表しました。

決勝大会は、全国各地区の予選を勝ち抜いた8大学のチームが参加して開催され、指導教員から4分、学生から14分の発表による審査が行われた結果、大阪工業大学工学部チーム(なにわの町工場で鍛えられた社会人基礎力~ものづくりに青春をかける学生エンジニアの挑戦~)が大賞を受賞しました。

大会の最後に行われた講評では、タワーズワトソン組織人事部門ディレクターの川上氏から、「今後は、これまで身につけた社会人基礎力をベースとして、皆さんが会社を変えていって欲しい。」とのコメントがありました。

 

(参考:結果)

大 賞  大阪工業大学 工学部

準大賞  石川県立看護大学 看護学部

    〃   日本大学 工学部

会場賞  多摩大学 経営情報学部

 

このページの先頭へ