工学部 電子・情報工学科の神野正彦教授が、6月1日、電子情報通信学会業績賞を受賞しました(※1)。
受賞対象となった研究業績は、「エラスティック光ネットワーク技術の先駆的研究」です。

本研究は、光通信チャネルのビットレートや伝送距離に応じて、 光スペクトル、変調方式、必要なハードウェア等を適応的に割り当てることを特徴とする、エラスティック光ネットワークの概念提唱、ならびに有効性と実現技術の実証に関するものです。この 研究は、将来の柔軟かつ経済的な超大容量ネットワークの実現に向けた次世代光ネットワーク研究の新たな潮流を創出し、同概念を提唱した論文は1,000件を超える学術論文から引用されています(※2)。また、国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T) におけるフレキシブルグリッド等の標準化の基礎を与え、産業分野の進歩にも大きく寄与しました。

なお、電子情報通信学会は会員3万人を擁する日本有数の学会であり、業績賞イ号は電子工学および情報通信に関する新しい発明、 理論、実験、手法などの基礎的研究で、その成果の学問分野への 貢献が明確であるものに対して、毎年およそ3件に贈呈されます。

(※1) 受賞内容の詳細(電子情報通信学会誌サイトより)
    http://www.journal.ieice.org/bin/pdf_link.php?fname=k100_7_552&lang=J&year=2017
(※2)  https://scholar.google.it/citations?user=v-gQTosAAAAJ&hl=en

 

このページの先頭へ