平成29年春の叙勲において、長年にわたる教育研究への功績と我が国の学術振興の発展に寄与された本学名誉教授が瑞宝中綬章を受章されました。

謹んでお祝い申しあげます。

香川大学関係の受章者は以下の方です。

■瑞宝中綬章受章者
山野 善正 名誉教授(元香川大学農学部長)
高尾  將臣 名誉教授(元香川大学教育学部教授)

【受章者略歴】

■山野 善正 名誉教授

山野善正氏は、昭和13年6月2日に滋賀県に生まれ、昭和38年3月京都大学農学部農芸化学科を卒業後、昭和38年4月東洋鋼鈑株式会社に入社し、昭和43年10月まで東洋製罐、東洋鋼鈑総合研究所研究所員として内容品研究室に所属し、包装食品の加熱殺菌及びその品質評価の研究に従事された。昭和43年11月香川大学講師農学部に採用され、昭和45年7月助教授を経て、昭和59年12月に同大学教授となり、平成9年4月に香川大学評議員、平成11年4月には香川大学農学部長を併任され、平成13年3月に退職されるまで食品科学・工学の教育・研究に努め、平成14年4月香川大学名誉教授の称号を授与され、今日に至っている。


■高尾 將臣 名誉教授

 髙尾將臣氏は、昭和11年7月25日に香川県に生まれ、昭和34年3月徳島大学工学部応用化学科を卒業し、昭和41年3月大阪市立大学大学院工学研究科修士課程を修了し、昭和44年3月大阪市立大学大学院工学研究科博士課程を単位修得退学後、昭和44年4月香川大学講師教育学部、昭和45年10月助教授を経て昭和53年4月に香川大学教授教育学部となられた。その間昭和49年9月に工学博士(大阪市立大学)を取得された。昭和57年4月に香川大学学生部長、昭和61年4月に香川大学教育学部附属高松中学校長、平成4年4月に香川大学一般教育主事、平成7年4月に香川大学教養教育主管、平成6年4月に香川大学評議員を歴任し、平成9年4月香川大学大学院教育学研究科(理科教育)の担当となり、平成12年3月に香川大学を停年にて退職され、同年4月香川大学名誉教授の称号を授与され、今日に至っている。

このページの先頭へ