3月22日(火)、学長応接室において、ネクストプログラムグローバル人材育成プログラム(中国語コース)から留学を終えて帰国した学生との懇談会、修了認定証授与式及び学長賞表彰式を開催しました。

懇談会には、真理大学(台湾)に留学していた経済学部4年石川諒さん、長尾学長、藤井理事・副学長(教育担当)、水野教授等の合計8名が参加しました。
帰国した石川諒さんから、留学先での専門科目の履修と香川大学の卒業論文作成の時期が重なってたいへんだったこと、日本語を勉強している台湾人、マレーシアやインドネシア等からの留学生等の様々な人種間との交流を通して国際的な視野が広がったこと等、留学経験に対する感想が語られました。
学長からは、苦労を共にした時の友人は人生の財産となること等を伝えていました。

懇談会に続いて、ネクストプログラムとして初めての修了証授与式及び学長賞表彰式が行われ、修了者第1号として石川諒さんに修了認定証が授与されました。更に、石川諒さんはネクストプログラムに於いて特に優秀な成績を収めたと認められたため、ネクストプログラム学長賞及び記念品が授与されました。
学長から、留学を通して得た経験等を次に続く後輩に是非伝えて、今後のネクストプログラムの発展に寄与してもらいたいとの言葉がかけられました。

このページの先頭へ