香川大学インターナショナルオフィスは、「香川大学グローバル人材育成事業」の一環として、「英語ネイティブ教員」5名を配置しました。
5名の教員はそれぞれ、教育学部、経済学部、医学部、工学部及び農学部に配置され、各学部における学生の語学・学術能力の向上のための指導や助言、学生・教職員の国際交流の推進を行うほか、大学全体の国際化にかかわる活動に従事します。
この事業は、「学長のリーダーシップの発揮」を目的として、文部科学省から措置(平成26、27年度の2年間)されたもので、本事業を通じ、香川大学が目指す国際的に通用性のある教育の拡充が期待されます。

 

このページの先頭へ