平成23年2月22日、四国国立大学協議会において、四国女性研究者フォーラム開催に先駆け「女性研究者による優れた教育研究活動の支援に努めます~四国内国立5大学による男女共同参画推進共同宣言~」が四国内5国立大学学長によって宣言されました。2月23日の第1回四国女性研究者フォーラムの開催に先駆け、女性研究者の活躍を願う香川大学一井眞比古学長より提案され、四国国立大学協議会の承認をうけ宣言されました。

同宣言は、四国の国立大学が、女性研究者、女子学生の積極的な活動によって、多様な視点や発想を取り入れ、教育研究活動を活性化し、組織としての創造力を発揮することを目指すものです。四国の国立大学が連携協力し、各大学において女性が教育研究において一層活躍できる環境を重点的に整備するとともに、次世代を担う女子学生の育成に努力することで、より多数の優秀な女性研究者、学生が意欲的に教育研究に取り組めることを期待します。この取り組みを通して、女性研究者が各大学、ひいては四国地域の今後の発展に大きく寄与し、重ねて、全国の才能溢れる女性が四国の地にいざなわれ、この地で活躍することを強く期待するものです。

さらに、四国における大学、研究機関、地方自治体、企業、市民との連携を強めることにより、男女ともに個性と能力を発揮できる大学と社会の実現に貢献することを目指しています。

pdfアイコン四国内国立5大学による男女共同参画推進共同宣言(PDF:101KB)

 

このページの先頭へ