平成27年4月に設置された香川大学四国グローバルリーガルセンターは、様々な組織と連携・協力しながら法学教育をサポートし、地域に貢献していく活動を推進することを目的に、「法実務教育を活かした地域貢献機能」、「四国における法情報機能」及び「四国における実践的法学教育の実施」を主な役割として活動しています。

その役割を強化するために、四国グローバルリーガルセンターは、5月17日(火)に香川経済同友会との間で連携協力に関する協定を締結しました。
今回締結する協定では、香川経済同友会と四国グローバルリーガルセンターが協働し、地域社会の発展のため、相互に連携・協力して、地域経済社会の活性化と人材育成に寄与することを目的にしており、この協定に基づき、四国グローバルリーガルセンターは、(1)地域産業の振興、(2)人材育成、(3)企業経営者等における法的知識の提供及び(4)企業経営者及び社員の法実務研修等を実施することにより、香川県をはじめとした地域社会に更に一層貢献できるよう努めていきます。

このページの先頭へ