お知らせ(HOME) > データマネジメントステーション
データマネジメントステーション

データマネジメントステーション (Data Management Station)

 瀬戸内圏研究センターは、平成21年7月より、香川県ふるさと雇用再生特別基金事業の支援を受けて、「香川大学瀬戸内圏研究センター情報拠点機能強化推進事業」を推進しています。
 これは、香川大学が進める瀬戸内海に関わる研究、例えば「浅海・文化観光・遠隔医療」などから得られる様々な情報を、ひとまとめに集約させデータベース化していくもので、これにより瀬戸内海に関わる情報を必要とする方々に、一元的に情報を提供することが可能となります。
 この事業を進めるにあたり瀬戸内圏研究センターでは「かがわeヘルスケアバンク研究会」の協力を得て、香川県科学技術研究センター(FROM香川)にデータマネジメントステーション(DMS)を設置しました。DMSでは、日々多くの文献・資料と格闘しながら作業を進めています。
データマネジメントステーション
データマネジメントステーション

データマネジメントステーション連携事業・協力団体

データマネジメントステーションは、さまざまな協力団体とともに事業を推進しています。
詳しい内容は、こちら↓リンク先をどうぞ。
かがわeヘルスケアバンク研究会
ヘルスケア・イノベーション・フォーラム
▲ 上に戻る
お知らせ
センター概要
瀬戸内圏研究データベース
香川大学における瀬戸内圏研究活動
瀬戸内圏研究プロジェクト
庵治マリンステーション
データマネジメントステーション
お問い合せ
リンク
瀬戸内圏研究センタートップページへ 香川大学トップページへ