瀬戸内圏研究センター庵治マリンステーション特別講演会を開催しました!

 平成25年6月12日  於:香川大学農学部
 庵治マリンステーションでは、アメリカ合衆国、フロリダ州エッカード・カレッジの海洋研究者トンプソン教授の香川大学視察訪問を機会に特別講演会を実施しました。講演では、教授が長年ご研究に取り組まれてきたバハマ諸島海岸の白濁化(石灰化)について、プランクトン、生物地球化学、海洋科学、生態学の多方面から研究された成果を、聞かせていただきました。ジェスチャーも交えて、熱いご講演でした。
 暖かいフロリダ沿岸域の白濁化は、瀬戸内海では見られない現象のため、聴講者にとって大変新鮮で、興味深いお話でした。ご講演後の質疑応答では、多くの質問があり、活発な情報交換の時間となりました。
講演中のトンプソン博士と参加者(1)
講演中のトンプソン博士と参加者(1)
講演中のトンプソン博士と参加者
講演中のトンプソン博士と参加者(2)
活発な質疑応答の様子(1)
活発な質疑応答の様子(1)
活発な質疑応答の様子(2)
活発な質疑応答の様子(2)
閉じる