熊本地震復興支援ボランティア

 

tuusin.jpg

 

 熊本地震で被災した地域の復興ボランティアを行い、熊本の復興支援をすると同時に香川大学生の防災意識の向上を図ります。

 被災地域の仮設住宅のコミュニティに赴き、熊本大学の学生災害復旧支援団体である熊助組と協力しながら、小中学生の夏休み課題の援助になるような理科の実験教室等を開催します。また熊本大学の学生と交流を深め、大学間の連携を密にしておくことで実際に災害が起こった時に大学生に求められる行動や、しておくべき備えなどについてアドバイスをもらいます。その経験を香川大学に持ち帰り報告することによって香川大学生や香川大学の周辺地域の方々の防災意識を高めます。また、この活動で学んだことを生かして地域の防災活動に香川大学生が参加することによってさらに地域との連携を深め、日頃の防災訓練をより実践的で質の良いものにし南海トラフ地震をはじめとする大規模災害に備えます。

 

このページの先頭へ