三俣山荘における登山者参加型講習会の充実化計画

mtmt.jpg

 

三俣診療班は1964年に三俣山荘の一角を間借りする形で始まった診療所です。本学と岡山大学の医学部学生、医師、看護師により運営され、シーズン中に診療ボランティア活動を行いました。

今年度は、三俣診療班が毎年山荘で行っている登山者を対象とした講習会に、昨年度はなかった「心肺蘇生講習会」を新たに加え、登山者参加型の講習会の充実化を図るとともに、その準備を通じて、教える学生側も医学部生に必須な心肺蘇生の知識と技術を習得します。
 
三俣蓮華岳…標高2841mの飛騨山脈

笑い 活動の様子は HP外部リンクアイコン 掲載中!

このページの先頭へ