ブルネイ・ダルサラーム大学(ブルネイ)

BDlogo.jpg   Universiti Brunei Darussalam

  交流協定締結年月日:2009118日 主管学部:医学部

 

ブルネイ・ダルサラーム大学の紹介

ブルネイ・ ダルサラーム大学(UBD)は、1985年に設立された同国唯一の総合大学です。学位取得コースは、国民及び外国人に開かれていて、政府による奨学金制度(教科書や交通機関及び宿泊費)が、ブルネイ国民に授与されています。1989年に最初の卒業生を送り出し、現在のツング・リンクのキャンパスは、1995年 9月に正式にオープンしました。医学部では、英語でのProblem Based Learning(PBL)を主体としたチュートリアル中心の基礎教育を3年間行い、その後3-4年は、英国、カナダ、オーストラリアの各大学医学部に編入し、臨床教育を受けて医師免許を取得します。

2009年には大学間協定が結ばれ、さらに医学部とブルネイ国保健省との国際協力協定が結ばれました。特に医学部では、本学医学部との双方向性の学生交流が積極的に行われ、実績が詰まれています。

ブルネイ・ダルサラーム大学との交流状況

ブルネイ・ダルサラーム大学とのフォーラム

12月13日(木)にブルネイ・ダルサラーム大学との学術交流に関する覚書に関する実施細則の調印式を開催しました。

二国間共同研究

医学部・教育学部・農学部・インターナショナルオフィスなどの教員と大学院生が参加し、学際的なアプローチで同国の糖尿病・肥満及びその合併症の罹患率低下を目指します。

ブルネイ・ダルサラーム大学との学術交流10周年記念式典

2014年8月19日ブルネイ・ダルサラーム大学との学術交流10周年記念式典を開催しました。

ページの先頭へ戻る