特別選抜入試

推薦入試

推薦Ⅰ(特別選抜:センター試験を免除する)(募集人員:10人)

試験日は例年11月下旬で、小論文と面接を課します。 小論文は広く社会・政治・法律・人文等の分野から出題された文章についての理解を問う1,000字程度の論述問題です。 面接は40~60分程度のグループ・ディスカッションの方式で行い、他の受験者の意見を正確に理解し、自分の考えを論理的に表現し、課題の解決案を提示する能力を評価します。受験者には事前にディスカッションのテーマが送付されます。 小論文(100点)、面接(調査書・志望理由書の評価を含む)(120点)の総合点(220点)により選抜します。

【詳しい情報はこちらをご覧下さい】

推薦Ⅱ(特別選抜:センター試験を課す)(募集人員:30人)

センター試験科目の得点と志望理由書・調査書を総合的に判断して選抜します。 国語は必須で、他に数学と外国語のどちらか1教科を受けていただきます(2教科とも受けている場合には、高得点の教科の成績を用います)。 国語(200点)、数学または外国語(200点)、志望理由書・調査書(60点)の総合点(460点)により選抜します。

【詳しい情報はこちらをご覧下さい】

編入学試験

(募集人員:10人)

試験日は例年9月下旬で、短大卒業者や4年制大学に2年以上在学し62単位以上を習得(見込み含む)し、本学部の3年次への編入を希望する方を選抜する試験です。 【一般】では、小論文(100点)、英語(100点)及び面接等(30点)の総合点(230点)により、【推薦】【社会人】では、小論文(100点)及び面接(30点)の総合点(130点)により選抜します。 英語の試験では、英和辞典(電子辞書を除く)の持ち込みを認めます。

【詳しい情報はこちらをご覧下さい】

私費外国人留学生入試

(募集人員:若干人)

試験日は例年12月下旬で、外国で高校教育までを修了した日本人以外の方を主な対象として実施されます。 面接等(90点)、日本語作文(50点)、日本留学試験(40点)の総合点(180点)により選抜します。

【詳しい情報はこちらをご覧下さい】

ページの先頭へ戻る