カリキュラムポリシー(博士前期課程)

香川大学大学院工学研究科博士前期課程では、学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するために、共通科目(4単位以上)、専攻専門科目(12単位以上)、自由科目(6単位以上)、特別研究Ⅰ(4単位)、特別研究Ⅱ(4単位)から構成される教育課程を編成・実施します。修了要件は、上記30単位以上の修得および研究指導を受けた修士論文の審査及び最終試験に合格することです。共通科目、専門専攻科目、自由科目はシラバスに明示された多様な形式により、特別研究Ⅰ、特別研究Ⅱは主および副指導教員による日常的な指導により行われます。

ディプロマ・ポリシーの各項目の達成は、以下に示す体系的教育をもって実現します。

a.「専門知識・理解」:
1、2年次の共通科目では工学分野における共通の知識を、専攻専門科目ではそれぞれの専門分野に関する高度な知識・技能を身につけます。

b. 「研究能力・応用力」
1、2年次を通して研究室単位で行われる「特別研究Ⅰ」、「特別研究Ⅱ」では、自らの専門に関わる課題を整理し、解決方法の提案と、検証方法の探索・決定、分析・解析を経て一定の結論を導きます。これらを修士論文にまとめることで高度な問題解決能力を養います。さらに、修士論文の研究を通じて、持続可能な社会の実現を推進するための実践力、学際的な発想力を培い、必要に応じチームの一員として能力を発揮することを身につけます。

c.「倫理観・社会的責任」:
1年次の「危機管理学」では、自然災害などによって致命的な状況に至ることを回避・予防し、被災した場合にも被害を最小限に止める能力を身に付けます。1、2年次の「香川地域ものづくり概論」、PBL(Project Based Learning)型の講義である「エンジニアリングマネジメント」、インターンシップ実習を行う「特別研修」では、官民が抱えている課題を整理し、その社会的責任について実践的に学んでいきます。1、 2年次の「特別研究Ⅰ」、「特別研究Ⅱ」で、修士論文における研究を遂行する中で、技術者としての普遍的倫理観を身につけます。

d.「グローバルマインド」:
1年次に開講される「工学英語」で実践的なスキルを身に付けます。1年次に開講される「工学概論」では一部が英語で行われます。1、 2年次に開講される「国際・技術戦略論」では、様々な工学分野の国際的開発状況などを知ることにより、技術戦略の国際的視点を身につけます。1、 2年次の「海外特別研修I」、「海外特別研修Ⅱ」では、国際インターンシップ協定校を通じて海外研修を行います。これにより、実践的なグローバルマインドを身につけます。

以上の学修成果の評価は、基本的に共通科目及び専攻専門科目では修得した知識の理解度並びに説明能力により、「特別研究Ⅰ」、「特別研究Ⅱ」では知識・専門的技術を応用して研究を計画・実施できる能力の総合評価により、厳格な成績評価(5段階評価、GPAの活用)を行います。また、修士論文は、本研究科の定める学位審査基準に基づき、本研究科で選出された審査委員(主査1名、副査2名以上、学外審査員を含むことができる)により厳格な審査及び学位論文発表会において最終試験を実施し、学位論文としての合否判定を行います。

ページの先頭へ戻る