ディプロマポリシー(博士前期課程)

工学研究科(博士前期課程)では、その教育理念に基づき、科学技術の各領域における進歩に寄与する専門性と、社会・地域・地球環境に与える影響を総合的に捉えうる学際性を併せ持ち、人間・社会・自然・人工物という工学の対象をグローバルな視点から正しく理解し、高い倫理観と多角的視点を持った新しい高度専門技術者を育成します。

本研究科を修了し、本学が送り出す修士(工学)の身につけるべき能力・態度の到達基準は、次のとおりです。

博士前期課程のディプロマポリシー

a. 専門知識・理解
自然科学の理解を基盤として,それぞれ専門分野に関する高度な知識・技術を習得している

b.研究能力・応用力
b1.課題への挑戦・解決能力
課題探求能力と高度な問題解決能力を有している
b2.実践的マネジメント能力
持続的社会の実現を推進するための実践的能力,学際的な発想力を有し,チームの一員として指導力を発揮することができる

c.倫理観・社会的責任
社会や科学技術の発展に貢献するために,技術者としての広汎な知識と普遍的倫理観を有している

d.グローバルマインド
論理的,学際的な思考を行い,それを広くグローバル社会に説明し,議論することができる

各専攻のディプロマポリシー

安全システム建設工学専攻

a. 専門知識・理解
安全システム建設に関わる技術者として,社会基盤整備に関わる高度な専門知識と技術を習得し,それを実社会で活用できる。

信頼性情報システム工学専攻

a. 専門知識・理解
情報処理技術者として必要な高度の専門知識を身につけてそれを応用できる。
電子情報技術者として必要な高度の専門知識を身につけてそれを応用できる。

知能機械システム工学専攻

a. 専門知識・理解
知能機械システム工学分野の専門技術に関する知識と、その知識を工学的問題解決に発展的に応用できる。

材料創造工学専攻

a. 専門知識・理解
数学、物理学、化学等の高度な専門知識と技術を習得し,環境材料化学、機械材料科学、光・電子材料科学など専門分野を発展させ、新しい領域を積極果敢に切り開き、社会を豊かにしていくことができる。

※b~dの項目については、博士前期課程各専攻共通とする。

ページの先頭へ戻る