研究・産官学連携

ホーム > 研究・産官学連携 > 研究室紹介 > 情報通信コース > 李研究室[生体電磁工学、アンテナ・伝搬]

李研究室

キーワード
生体電磁工学、アンテナ・伝搬

 2020年1月から香川大学で、生体EMCやアンテナ・伝搬などの電磁波応用技術の開発と電波・人体の相互影響に関する研究を行っています。具体的には、携帯電話、医用無線デバイスに内蔵するマイクロ波・ミリ波帯における多素子アンテナの設計、移動通信システムの伝送容量を評価するMIMO-OTA測定装置の開発、電磁波照射による人体ばく露量に対するドシメットリ評価手法の開発、の三つのテーマに取り組んでいます。これらの研究を学生の皆さんと共に推し進め、学術論文や外部発表を積極的に行い、未来の電磁波応用技術の発展に貢献したいと考えています。

eng_KunLi2021.png
▶数値解析による電波ばく露評価の一例