農学研究科の教育理念

 香川大学農学研究科は、生物がもつ多様な機能を探求し、応用生物科学領域の学術的展開を図るとともに、有用資源の創成や活用に関する応用技術の開発に向けた先端的かつ総合的な教育・研究を行い、生物資源の生産と利用に関する高度な専門知識と技能、課題探求と解決能力、及び実践的能力を備えた人材の育成と、国際水準の学術的研究を通じて広く地域社会への貢献を目指します。

農学研究科の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(修了の認定に関する方針)

 香川大学大学院農学研究科では、その教育理念に基づき、生物科学を基礎に生物資源の生産と利活用に関する高度な専門的知識と研究開発能力を備え、自然環境と調和した持続可能な社会の実現をめざす高い倫理性を備え、その社会的責任を自覚して国内外の広範な生物産業関連分野で活躍出来る高度専門職業人を育成します。
 本研究科を修了し、本学が送り出す修士(農学)の身につけるべき能力・態度の到達基準は、次のとおりです。

①専門知識・理解
*生物資源の生産と利活用に関する高度な専門知識と先端の科学技術を理解・修得していると共に、高度専門職業人として幅広い知識と自らの専門性に立脚した見識を備えている。

②研究能力・応用力
*専門分野において、自らの論理的思考に基づき研究を計画及び遂行する能力と共に、その成果を発信し議論できる能力を備えている。
*自然環境と調和した持続可能な社会を実現するため、科学的思考と判断力を持って地域社会や国際社会における生物資源の生産と利活用に関連する諸課題の解決に取り組むことができる。

③倫理観・社会的責任
*人類の生存基盤である生物資源の生産と利活用を進めながら、自然環境と調和した持続可能な社会の実現をめざす高い倫理性を備え、その社会的責任を自覚した高度専門職業人として自律的に行動することができる。

④グローバルマインド
*自然環境と調和した持続可能な社会を実現するため、生物資源の生産と利活用に関連する内外の情報を理解し、国際社会や地域社会における諸課題に対する自らの論理的思考及び判断を日本語及び英語で説明できるプレゼンテーション能力とコミュニケーション能力を備えている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

 香川大学大学院農学研究科は、修了の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するために、研究科共通科目として基礎科目(2単位)、展開科目(1単位以上)、専攻ごとの科目として専攻セミナー(4単位)、専門科目(選択した教育プログラム5単位上を含む9単位以上)、研究科目(14単位)から構成される教育課程を編成・実施します。修了要件は、上記30単位以上の修得及び必要な研究指導を受けた修士論文の審査及び最終試験に合格することです。農学研究科ではクォーター制を採用しており、すべての講義科目は1年次の第1から第4クォーターに配置されています。講義科目はシラバスに明示された多様な形式により、研究科目は主及び副指導教員による日常的指導により行われます。
 ディプロマ・ポリシーの各項目の達成は、以下に示す体系的教育をもって実現します。

①専門知識・理解
 1年次第1から第4クォーターに配置された専門科目により、生物資源の生産と利活用に関する専門知識を理解・修得します。さらに展開科目として1年次から2年次にかけて開講される「先進科学特論」などにより、高度職業人として活躍するために必要な幅広い専門の知識を身につけます。

②研究能力・応用力
 1年次、2年次を通して研究室単位で行われる「専攻セミナー」により発表能力、議論構築能力を身につけます。さらに2年間にわたる複数の教員の指導による「修士研究」において、自らの専門に関わる課題を設定し、その解決のための作業仮説の設定とその検証方法の探索・決定、分析・解析を経て更なる検証を行い一定の結論を導き、これらを修士論文に取りまとめることを通じて研究能力・専門応用能力を培います。

③倫理観・社会的責任
 1年次第1クォーターに開講される「科学研究リテラシー」において、研究倫理、安全教育、情報リテラシー、知財など修士研究を遂行しかつ高度職業人として社会で活躍する上で基本となる知識を身につけます。

④グローバルマインド
 1年次第1クォーターに開講される「国際研究コミュニケーション」で英語によるプレゼンテーションスキルを身につけます。その上で「修士インターンシップ」、「国際研究発表技法」により、より高度な英語・プレゼンテーション能力及び国際的な視野を培います。さらに意欲があればダブルディグリープログラム、ジョイントマスタープログラムに参加することより、実践的グローバルマインドを身につけます。

 以上の学修成果の評価は、基本的に講義科目では修得した知識の理解度ならびに説明能力により、研究科目では知識・専門的技術を応用して研究を計画・実施できる能力の総合評価により、厳格な成績評価(5段階評価、GPAの活用)で行います。また修士論文は、本研究科の定める学位審査基準に基づき、本研究科で選出された審査委員(主査1名、副査2名以上、学外審査員を含むことができる)により厳格な審査及び最終試験を実施し、学位論文としての合否判定を行います。

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学院入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能・理解力
*生物資源の生産と利用に関する大学卒業程度の基礎知識・理解力

②思考力・判断力・表現力
*自らの論理的思考・判断に基づき生物資源の生産と利用に関する諸課題を説明できる表現力

③研究能力・応用力
*生物資源の生産と利用に関連する研究を遂行するための基礎的技能・応用力

④探求心・意欲・態度
*生物資源の生産と利用に関する諸分野について学び、研究することに対する高い志・ 意欲・態度と創造的な探求心

⑤倫理観・社会的責任
*自然環境と調和した持続可能な社会の実現をめざす倫理観とその社会的責任を理解できる能力

⑥グローバルマインド
*生物資源の生産と利活用に関連する国内外の情報を理解するための基本的語学能力とそれらを国際社会や地域社会の課題として捉えることのできる国際感覚


◇選抜方法の趣旨
○一般選抜・社会人特別選抜 前期
 筆記試験の「専門」は進学志望領域の教員の専門分野から出題し、修学に必要な知識・理解力、論理的思考力・表現力を評価します。「外国語」は英語を出題し、修学に必要な知識・理解力、コミュニケーションに必要な言語運用能力を評価します。なお、社会人特別選抜では英語試験を免除します。
 口頭試問では提出書類(成績証明書類等)を参考にしながら、勉学・研究に対する探求心・意欲・態度、自分の考えを論理的に構築し伝える思考力・判断力・表現力、及び持続可能な社会の実現にとって不可欠な倫理観・社会的責任等を評価します。

○一般選抜・社会人特別選抜 後期
 プレゼンテーションでは卒業研究の内容と入学後の研究計画を口頭発表し、研究遂行能力・応用力、思考力・判断力・表現力、コミュニケーション能力・発信力を評価します。ただし、飛び入学希望者や卒業研究を履修していない学生等については、志望理由と入学後の研究計画を口頭発表してください。
 口頭試問では提出書類(成績証明書類等)を参考にしながら、修学に必要な知識・理解力、勉学・研究に対する探求心・意欲・態度、自分の考えを論理的に構築し伝える思考力・ 判断力・表現力、及び持続可能な社会の実現にとって不可欠な倫理観・社会的責任等を評価します。

○特別選抜(自己推薦方式)
 口頭試問では提出書類(成績証明書類等)を参考にしながら、修学に必要な知識・理解力、勉学・研究に対する探求心・意欲・態度、自分の考えを論理的に構築し伝える思考力・判断力・表現力、及び持続可能な社会の実現にとって不可欠な倫理観・社会的責任等を評価します。

このページの先頭へ