経済学部の教育理念

 香川大学経済学部は、経済や経営に関する世界水準の研究教育活動により、創造的で人間性豊かな専門職業人を養成し、地域社会をリードするとともに共生社会の実現に貢献することを理念とします。学士課程では、豊かな人間性と高い倫理性の上に、幅広い基礎力と経済や経営に関する専門知識や多様な価値や文化に対する深い理解に支えられた課題探求能力を備え、国際的な視野で地域社会において活躍できる進取の気象と共生の精神に富んだ教養豊かな経済人を育成することを目指します。

経済学部の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

 香川大学経済学部では、その教育理念に基づき、経済や経営に関する専門知識を基に、望ましい社会の実現に向けて、諸課題の探求・解決にあたれる能力・技能を身につけ、崇高な倫理観と人間性に富み、地域に根ざしながら世界と連携し共生する進取の気象に富んだ教養豊かな経済人を育成します。本学部を修了し、本学が送り出す学士(経済学)・21世紀型市民として身につけるべき能力・態度の到達基準は、次のとおりです。

①言語運用能力
*日本語の言語表現を適切に理解し、自らの見解を文章や口頭でわかりやすく発信することができる。
*国際的な視野を持ち、一つ以上の外国語について、読み、書き、聞き、話すための基礎的な能力を身につけている。
*他者と協調・協働し、時としてリーダーシップを発揮し、目的の実現に向けて行動できる。
*経済・経営に関わる情報を適切な方法で収集できる。

②知識・理解(21世紀型市民及び学士(経済学)として)
*市場の機能及び経済主体の行動を経済学の観点から理解している。
*経済制度・経済政策の意義をその歴史的背景を含めて理解している。
*企業等の組織の活動の企画・運営に必要となる経営、会計、商学の知識を有している。
*企業等の組織の管理を実践できる能力を身につけている。
*人類の文化及び社会についての幅広い知識と国際的な視野を身につけている。

③問題解決・課題探求能力
*経済・経営に関わる定量・定性データを適切な手法を用いて分析し、課題を探求することができる。
*経済・経営に関わる諸問題には複数のアプローチがあり得ることを認識し課題に取り組むことができる。
*自ら問題点を見出し、解決に向けた取り組みを行うことができる。
*積極性・向上心を持ち、自己主導型学習を実践できる。

④倫理観・社会的責任
*専門職業人としての倫理観・使命感・責任感を持ち、省察的態度をもって行動ができる。
*専門職業人として生涯にわたり研鑽に努める姿勢を持っている。
*法令・社会的規範を遵守し、社会の一員として行動ができる。

⑤地域理解
*地域社会の現状と課題に関心を持ち、自己と関連づけて問題を発見し、探求することができる。
*人類の文化及び社会についての理解のもと、国際的な視野にたって課題を探求することができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

 香川大学経済学部は、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するために、全学共通科目(30単位以上)と学部開設科目(94単位以上、内訳は、学部基礎科目(12単位以上)、学科基礎科目(12単位以上)、専門科目のうち自学科科目(22単位以上)、他学科科目(20単位以上)、演習(4単位)、卒業論文(4単位)及びその他(自由科目)から構成される教育課程を編成・実施します。3年次に演習を履修するためには、所定の科目を26単位以上修得していることが条件となります。卒業要件単位数は124単位以上とします。
 ディプロマ・ポリシーの各項目の達成は、以下に示す体系的教育をもって実現します。

①言語運用能力
 全学共通科目のコミュニケーション科目により基礎となる語学力向上を図ります。また、学部開設科目の「外国語会話Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ」、「外国語演習Ⅰ・Ⅱ」、「ビジネス英語Ⅰ・Ⅱ」などの授業や海外研修プログラムを通して、より専門的な外国語運用能力や国際感覚を獲得します。日本語運用能力は、「プロゼミナール」や「演習」、「個別演習」の中で段階的に身につけます。

②知識・理解(21世紀型市民及び学士(経済学)として)
 基礎となる幅広い視野と知識獲得のため、全学共通科目(学問基礎科目、主題B「現代社会の諸課題」等)を学び、経済学及び経営学的な視野・視点を涵養するため、1、2年次に学部基礎科目を学びます。また、各学科の導入的位置づけにある学科基礎科目を履修した上で、より専門的・応用的な知識・能力を習得するため、専門科目及び「演習」を履修します。複眼的な思考を養えるよう、他学科科目の履修も義務付けています。講義形式による知識の獲得と演習形式による具体的課題に対する探求力の修得を組み合わせることで、より総合的な知識の獲得と実践的な知識の理解を達成します。

③問題解決・課題探求能力
 全学共通科目の主題B「現代社会の諸課題」や「大学入門ゼミ」において問題発見・解決の方法を学び、学部専門教育を受けて専門知識とデータ分析能力を修得します。2年次後期は「プロゼミナール」、3年次は「演習」、4年次は「個別演習」を履修し、研究室単位でのアクティブラーニング型の少人数教育のもと、応用的な専門知識を身につけつつ、研究に取り組みます。自ら抽出した課題に対する分析・考察を行い、「卒業論文」を執筆することで、問題解決・課題探求能力を身につけます。
 なお、経済学部では、授業と授業外の主体的な活動を通じて、自ら成長していきたい学生を対象として「専門履修プログラム」を開設しています。

④倫理観・社会的責任
 全学共通科目の主題A「人生とキャリア」において21世紀型市民としていかに生きるかを学び、2年次後期の「現代経済社会事情」や3年次の「インターンシップ」、専門科目を受講することで、社会において自己が果たすべき役割や、市民としての責任ある行動を身につけます。一連の科目は、高い倫理性、社会的責任の自覚、社会における問題解決・課題探求能力を発揮する基礎となります。

⑤地域理解
 全学共通科目の主題C「地域理解」で地域理解への動機づけがなされ、学部専門教育を受けた上で、海外研修プログラムや地域的な課題をテーマとする講義に参加することで、国際的な視野を身につけるとともに、地域社会の現状と課題に関心を持ち、自己と関連づけて問題を発見します。これら地域理解科目では、講義の目的に応じて講義、グループワーク、フィールドワーク、PBL(Project Based Learning)など様々な教授方法が取り入れられ、より実践的に地域の課題を理解します。さらに希望者は、「地域インターンシップ」や「専門履修プログラム」への参加により、実践的活動を通して地域を理解します。

 以上の学修成果の評価は、基本的に講義科目では修得した知識の理解度で、「演習」「個別演習」では専門分野に対する習熟度と研究活動に対する取り組み姿勢で、「卒業論文」は研究内容や様式などについて教員毎に示された単位認定方針に沿った総合評価で実施し、厳格な成績評価(5段階評価、GPAの活用)で行います。

gakumu.jpg

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

◇入学者に求める学力・能力・資質等
 大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*経済の仕組み、企業の活動、世界の言語・社会・文化・歴史などに関する専門性の高い学問を学び、研究活動を実践するための、高等学校等における幅広い学習に基づいた知識・技能

②思考力・判断力・表現力
*経済・社会・文化におけるさまざまな現象において、解決を必要としている問題を発見・探求し、自分の考えを論理的にまとめて、他者にわかりやすく伝える思考力・判断力・表現力
*情報伝達の高度化・迅速化が進む社会において、必要な情報を収集・分析し、自ら情報を発信することができる能力

③主体性・多様性・協働性
*柔軟な視野にたって社会と積極的にかかわり、コミュニケーション能力を備え、多様な価値観を理解できる主体性・多様性・協働性

④関心・意欲・態度
*経済・社会・文化に関するさまざまな現象に興味を持ち、従来の考え方にとらわれず積極的に新しい物事に取り組んでいこうとする関心・意欲・態度

⑤倫理観・社会的責任
*グローバル化する社会において、地域に根ざしながら世界と連携し共生するために、自己が果たすべき社会的責任や備えるべき倫理観を理解し体現する能力


◇大学入学までに修得が期待される内容
 高等学校等において学ぶ、英語、数学、国語を中心とした基礎学力を身につけていることが必要です。英語の基礎学力は、大学において、国際的なコミュニケーション能力を本格的に養うために必要です。数学の基礎学力は、数学的な推理能力や論理的な能力を必要とする専門科目の講義を受けるために必要です。国語の基礎学力は、講義やゼミナールで文献を読んだり、レポートを書いたり、自分の意見を発表するために必要です。また経済・社会・文化に対する関心を高め、論理的思考力を養うために普段から新聞を読んだり、読書習慣を身につけたりすることも重要です。さらに主体性・多様性・協働性を養うために、文化活動、スポーツ活動、生徒会活動、クラブ活動、海外留学体験、ボランティア活動などに励むことも推奨します。加えて、国際的なコミュニケーション能力を養ったり、教養を育んだり、実務的な処理能力を高めたりするために、英語検定、簿記検定、漢字検定などの検定や資格の取得に励むことも推奨します。


◇選抜方法の趣旨
○一般入試
*前期日程
 知識・技能を重視することから、大学入試センター試験5教科(あるいは6教科)の得点を評価します。特に入学後の学習・研究に必要な基礎的学力を評価するため、国語・数学・外国語のうち最も高い点数の教科を傾斜配点します。さらに記述式の英語の試験を行い、思考力・判断力・表現力や国際的なコミュニケーション能力を評価します。

*後期日程
 知識・技能を重視することから、大学入試センター試験5教科(あるいは6教科)の得点を評価します。さらに小論文試験を行い、思考力・判断力・表現力や経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度を評価します。特に資料を的確に理解し分析できているかという点と、自分の考えを他者に伝えるために、文章を論理的に構成し、かつ分かり易く表現しているかという点を評価します。

○特別選抜
*推薦Ⅰ
 高等学校で一定水準以上の知識・技能を身につけ、明確な経済学部への志向と勉学意欲を持っている人を対象に、小論文試験及び面接を行い、調査書の特記事項を評価します。小論文では、思考力・判断力・表現力や経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度を評価します。特に資料を的確に理解し分析できているかという点と、自分の考えを他者に伝えるために、文章を論理的に構成し、かつ分かり易く表現しているかという点を評価します。面接では、思考力・判断力・表現力や主体性・多様性・協働性、経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度や倫理観・社会的責任を評価します。特に志望理由書・推薦書に基づいて質問し、的確な応答をしているか、発言が説得的で分かり易いか、社会問題について関心があるかなどの観点から評価します。さらに調査書の特記事項で、主体性・多様性・協働性やコミュニケーション能力・教養・実務的な処理能力などを評価します。具体的には、文化活動、スポーツ活動、生徒会活動、クラブ活動、海外留学体験、ボランティア活動、英語検定、簿記検定、漢字検定などにおいて特に顕著な実績を挙げているものを評価します。

*推薦ⅡA
 高等学校の普通科又はそれに準ずる学科で、一定水準以上の知識・技能を身につけ、かつ人物的に優れた人を対象に、大学入試センター試験の国語、数学、外国語の3教科4科目と調査書の特記事項で評価します。大学入試センター試験では、基礎的な知識・技能を評価します。調査書の特記事項では、主体性・多様性・協働性やコミュニケーション能力・教養・実務的な処理能力などを評価します。具体的には、文化活動、スポーツ活動、生徒会活動、クラブ活動、海外留学体験、ボランティア活動、英語検定、簿記検定、漢字検定などにおいて特に顕著な実績を挙げているものを評価します。

推薦ⅡB
 高等学校の専門教育を主とする学科で、一定水準以上の知識・技能を身につけ、かつ人物的に優れた人を対象に、大学入試センター試験の国語、数学、外国語の3教科4科目と調査書の特記事項で評価します。大学入試センター試験では、基礎的な知識・技能を評価します。調査書の特記事項では、主体性・多様性・協働性やコミュニケーション能力・教養・実務的な処理能力などを評価します。具体的には、文化活動、スポーツ活動、生徒会活動、クラブ活動、海外留学体験、ボランティア活動、英語検定、簿記検定、漢字検定などにおいて特に顕著な実績を挙げているものを評価します。

*社会人入試(夜間主コース)
 夜間主学生として、就業しながら勉学することに対する明確な動機や意欲を持つ人を対象に、小論文試験と面接で評価します。小論文では、思考力・判断力・表現力や経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度を評価します。特に資料を的確に理解し分析できているかという点と、自分の考えを他者に伝えるために、文章を論理的に構成し、かつ分かり易く表現しているかという点を評価します。面接では、思考力・判断力・表現力や主体性・多様性・協働性、経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度や倫理観・社会的責任を評価します。特に志望理由書・推薦書に基づいて質問し、的確な応答をしているか、発言が説得的で分かり易いか、社会問題について関心があるかなどの観点から評価します。

*私費外国人留学生入試
 定められた教育を外国で受けて、経済学部の授業を理解できるだけの日本語能力を身につけた外国人を対象に、面接及び提出された書類と日本留学試験の成績で評価します。面接及び提出された書類では、経済学、経営学、地域社会を勉強するために必要な日本語のコミュニケーション能力を持ち、かつ日本で勉強することに明確な動機や高い意欲を持っているかを評価します。日本留学試験では「日本語」について250点以上の成績を必要とします。

○編入学
*3年次編入学試験
 編入学生は編入後すぐに演習や専門科目を履修する必要があることから、自分の意見を積極的かつ論理的に述べる能力に加えて、経済や経営、各国の社会・文化についての基礎的な知識を修得しているかどうか、さらに積極的かつ主体的に専門的知識を学ぶ意欲を持っているかどうかを英語、小論文の試験と面接で評価します。英語では、大学2年生程度の語学力を想定した、経済学や経営学などの社会科学、又は人文科学に関連した英語文書を解釈する能力を評価します。小論文では、思考力・判断力・表現力や経済・社会・文化に対する関心・意欲・態度を評価します。特に資料を的確に理解し分析できているかという点と、自分の考えを他者に伝えるために、文章を論理的に構成し、かつ分かり易く表現しているかという点を評価します。面接では、出願書類に基づいて質問し、的確な応答をしているか、発言が積極的で分かり易いか、社会問題について関心があるかなどの観点から評価します。なお面接内容には、専門的素養を含みます。

このページの先頭へ