教育学部の教育理念

香川大学教育学部は、学校教員をはじめ教育者を養成し、広く教育界に貢献することを理念とします。今日の学校教育の現場には、急激な社会の変化の中で、教科に関する新しい学力をどのようにつけるか、子どもたち一人一人の自己実現をどのように支援できるかなど、人間形成に関するきわめて重要な課題があります。また急速な少子・高齢化、情報化社会の進展、切実さを増す環境問題、多文化社会における共生の在り方などの問題は、生涯にわたる教育の必要性と新たな教育的課題を生み出しています。このような教育に関する課題に柔軟かつ積極的に対処できるように、「人間の発達・形成に関する教育研究を基礎に、教育に関する総合的な教育研究を行い、教育実践力を有する学校教育教員及び広く教育界で活躍できる人材」の養成(教育学部規程 第1条2)を目指します。

教育学部人間発達環境課程の3つのポリシー

ディプロマ・ポリシー(卒業の認定に関する方針)

香川大学教育学部人間発達環境課程では、その教育理念に基づき、深い教養を背景に、他者への共感性をもつとともに、豊かなコミュニケーション能力を活用して、人間の生涯にわたる発達過程と人間を取り巻く環境に関する様々な問題を総合的に探求することができ、国際化、高齢化の進む生涯学習社会を支えることのできる人材を育成します。本課程を修了し、本学が送り出す学士(教養学)・21世紀型市民として身につけるべき能力・態度の到達基準は、次のとおりです。

①言語運用能力
*日本語の言語表現を適切に理解し、自らの見解を口頭や文章でわかりやすく伝えることができる。
*一つ以上の外国語に関して、基礎的な運用能力を身につけている。
*他者との相互理解を目指すコミュニケーションを行うことができる。
*自らの専門領域の魅力や可能性について、専門用語を用いて伝えることができる。

②知識・理解(21世紀型市民及び学士(教養学)として)
*人類の文化、社会及び自然についての幅広く基礎的な知識やスキルを持ち、論理的に考察できる学問的基礎を身につけている。
*社会人として必要な基本的な知識やスキルを身につけている。
*人間発達の特徴と人間社会の多様性、そして自然環境の複雑性について理解している。

③問題解決・課題探求能力
*21世紀社会の現状を理解し、その課題と解決策を自己と関連づけて探求できる。
*教育現場を含む社会の現実から課題を探り出すことができる。
*自らの実践的教育プロセスを振り返り、自己の課題と可能性について探求できる。

④倫理観・社会的責任
*市民としての責任ある行動をとり、社会において自己の担うべき役割について探求する姿勢を身につけている。
*社会人として必要な倫理観や道徳を身につけ、社会の創造者の一人としてその役割を担うことができる。

⑤地域理解
*国際的な視野を持ち、ローカルスケールから大陸スケールに至る重層的な地域の概念を理解している。
*地域の一般的な特性を理解するとともに、「地元」の独自性を説明できる。
*地域理解と自らの専門領域を関係づけることができる。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成及び実施に関する方針)

香川大学教育学部人間発達環境課程は、卒業の認定に関する方針(ディプロマ・ポリシー)に示した人材を育成するために、全学共通科目(36単位以上)と学部開設科目(94単位以上)から構成される教育課程を編成・実施します。学部開設科目の内訳は、専門基礎科目(2単位)、専門科目[基礎研究](課程共通10単位、コース毎に6・12・14単位以上)、同[実践研究](4単位)、同[発展研究](コース毎に64・66・72単位以上)です。進級に関する要件はありません。卒業要件単位数は130単位以上です。

ディプロマ・ポリシーの各項目の達成は、以下に示す体系的教育をもって実現します。

①言語運用能力
  全学共通科目のコミュニケーション科目により基礎となる語学力向上を図ります。学部開設科目の「実践研究」「英語演習」では、コミュニケーション能力やプレゼンテーションスキルを修得します。4年次の「卒業研究」「特別演習」では、専門分野における言語運用能力を修得します。

②知識・理解(21世紀型市民及び学士(教養学)として)
  教養及び基礎的知識獲得のため、1年次では全学共通科目の学問基礎科目と専門基礎科目「発達支援論」を学びます。専門分野の基礎知識を修得するために、2年次では専門科目[基礎研究]の各科目を履修します。2年次から4年次では、3コースごとの専門科目[発展研究]の各科目と特別演習を履修し、4年次の「卒業研究」を行うことで、専門分野の基礎知識及び総合的学力を培います。

③問題解決・課題探求能力
  全学共通科目の主題B「現代社会の諸課題」や「大学入門ゼミ」、また学部専門科目「人間発達環境入門演習」において問題発見・解決の方法を学びます。2年次配当の専門科目[基礎研究]の「人間環境教育基礎演習」と同[実践研究]の「実践研究Ⅰ」では、専門分野に関する問題解決・課題探求についての理解を深めます。3年次の専門科目の各演習と「実践研究Ⅱ」では、演習・実習を通じて探求力を養います。4年次の「卒業研究」と各コースの「特別演習」では、PBL(Project Based Learning)型教育を通して、更に具体的な課題に取り組み、総合的学力を高めます。

④倫理観・社会的責任
  全学共通科目の主題A「人生とキャリア」において21世紀型市民としていかに生きるかを学び、1年次の学部開設科目「人間発達環境入門演習」、2年次の「実践研究I」で倫理観・社会的責任を涵養します。3年次又は4年次配当の専門科目「社会研修」「実践研究II」では、インターシップにより倫理観・社会的責任をより深く認識します。「ボランティア活動」は全学年で履修可能であり、倫理観・社会的責任を体験的に学びます。

⑤地域理解
  全学共通科目の主題C「地域理解」で地域理解への動機づけがなされ、「地理学実習」等の一定の学部専門教育を受けることで、重層的な地域の概念を理解します。3年次配当の実習科目「社会研修」「実践研究II」「多文化社会演習I」では、専門領域と関連付けた地域理解を進めます。全学年を通じて履修可能な「ボランティア活動」「多文化交流実践研修」では体験的に地域理解を深めます。これらの科目では、実習、PBL、グループワークなど様々な教授方法が取り入れられ、より実践的に地域や教育現場の課題を理解します。

以上の学修成果については、厳格な成績評価(5段階評価、GPAの活用)を行います。基本的に講義科目では修得した知識の理解度で、演習・実習科目では知識を教育現場に応用出来る能力や教育現場での対応力で、卒業研究では課題の設定や解決の実践的能力の総合評価で実施します。

gakumu.jpg

アドミッション・ポリシー(入学者の受入れに関する方針)

◇入学者に求める学力・能力・資質等
大学入学までに、以下のような学力・能力・資質等を備えている学生を求めています。

①知識・技能
*高等学校等における幅広い学習に裏付けされた知識・技能の総合力と学ぶ力

②思考力・判断力・表現力
*人間の生涯にわたる発達と人間を取り巻く環境において、問題解決するための論理的思考力や判断力、根拠に基づいた科学的思考力や批判的思考力
*多面的な視点から思考し、自分の考えを他者にわかりやすく伝える表現力

③主体性・多様性・協働性
*主体的に多様な他者とかかわり、他者の意見や価値観を尊重し相互理解に努めようとする協働性やコミュニケーション能力

④関心・意欲・態度
*人間の生涯にわたる発達と人間を取り巻く環境に関する諸問題に強い関心を持ち、継続して意欲的に課題に取り組むことができる能力
*様々な課題にチャレンジする積極性を持ち、経験の積み重ねを通して将来へのビジョンの構築に努める能力

⑤倫理観・社会的責任
*広く教育に携わる者として、また社会の構成員としての自覚と責任を持ち、自己が果たす役割や倫理観・社会的責任を理解できる能力

◇大学入学までに修得が期待される内容
人間とは何かを考え、人間を取り巻く環境や生涯学習、あるいは世界の言語・文化・社会に関心を持ち、知識や経験を少しずつ積み重ねてください。
他者の意見や価値観を尊重し、他者を思いやることができるコミュニケーション能力が必要とされるので、生徒会活動やクラブ活動・ボランティア活動等を通して、幅広い視野と主体性・協働性を養い、自分の考えを表現できるような力を身につけておいてください。

◇選抜方法の趣旨
○一般入試
  一般入試では、高等学校での教科面における学習の達成度をみるため、大学入試センター試験5教科7科目又は6教科7科目(理科の選択科目によっては5教科8科目又は6教科8科目)を課しています。

*前期日程
コース一括で募集します。個別学力検査は、国語、英語、数学、理科から1科目選択し、得意な教科に関する達成度(知識・技能及び思考力・判断力・表現力)を評価します。

*後期日程
コース一括で募集します。小論文が課せられ、大学生に求められる資質としての論述の能力(理解力、思考力・判断力・表現力など)を総合的に評価します。

○特別選抜
*推薦入試
コース一括で募集します。大学入試センター試験は課さず、小論文及び面接を課します。小論文は大学生に求められる資質としての論述の能力(理解力、思考力・判断力・表現力など)を総合的に評価します。面接・調査書等においては大学生としての資質、創造的な探求心や勉学意欲、広く教育に携わる者としての適性(主体性・多様性・協働性など)、人間性(倫理観・社会的責任など)を評価します。

*私費外国人留学生入試
面接及び提出された書類を審査し、日本語の能力、大学生としての資質、創造的な探求心や勉学意欲、広く教育に携わる者としての適性(主体性・多様性・協働性など)、人間性(倫理観・社会的責任など)を総合的に評価します。

 

このページの先頭へ