香川大学大学教育基盤センター(以下 大教センター)は、全学共通教育を中心的に担う組織として大学教育開発センターとして2002年4月に設置され、2015年4月に改組し、現在の名称となりました。大教センターの重要事項は、センター長と、共通教育部・調査研究部・国際教育部・地域教育部・能力開発部・ICT教育部の各部長、センター担当教員、学部選出委員、および事務職員からなるセンター会議によって決定されます。
本センターには、次の6部門が設置されています。


1. 全学共通科目の授業実施にかかわる企画・運営 ……【共通教育部】

2. 大学教育の質的充実に資する調査研究 ……【調査研究部】


3. 大学における外国語教育の改善等の調査研究 ……【国際教育部】

4.地域理解の取組促進、地域志向科目の教育支援……【地域教育部】

5.FDプログラム、学生による授業評価、カリキュラム評価の企画・実施……【能力開発部】

6.ICTを活用した教育支援……【ICT教育部】

 各部の活動の詳細をご覧になりたい方は、該当する上部タブをクリックしてください。
2002/4/1
学内措置として、香川大学大学教育開発センターが設置される。
大学教育開発センター内に、共通教育部及び調査研究部を設置。
初代センター長に山口博幸経済学部教授、
共通教育部長に武重雅文教育学部教授、
調査研究部長に早川茂農学部教授が就任。

2003/10/1
香川大学と香川医科大学が統合。
大学教育開発センターが省令化され、外国語教育部を設置。
センター長に竹内博明副学長、外国語教育部長に藤井昭洋教育学部教授が就任。
センター専任教員6名が配置。
2004/4/1
国立大学法人香川大学となる。
センター長に竹内博明副学長、
共通教育部長に武重雅文教育学部教授、
調査研究部長に早川茂農学部教授、
外国語教育部長に藤井昭洋教育学部教授が就任。

センター専任教員6名及び外国人語学教員2名が配置。
2005/4/1
外国語教育部長に山田勇経済学部教授が就任。
外国人語学教員1名が配置され、計3名の配置となる。
2005/10/1
センター長に加野芳正理事(教育担当)・(副学長)が就任。
2006/4/1
共通教育部長に中谷博幸教育学部教授、
調査研究部長に中西俊介工学部教授、
外国語教育部長に田村道美教育学部教授が就任。
2006/10/1
センター長に阿部文雄理事(教育担当)・(副学長)が就任。
2008/1/1
センター長に武重雅文教育学部教授が就任。
2008/4/1
調査研究部長に柳澤良明教育学部教授、
外国語教育部長に高木文夫経済学部教授が就任。
センター専任教員7名及び外国人語学教員2名が配置。

2009/4/1
共通教育部長に田中健二教育学部教授が就任。
センター専任教員8名及び外国人語学教員1名が配置。

2009/10/1
センター専任教員9名が配置。

2010/4/1
共通教育スタンダードと新カリキュラムの策定
調査研究部長に櫻井佳樹教育学部教授が就任。


2011/10/1
センター長に有馬道久理事(教育担当)が就任。


2012/4/1
平成23年度移行の全学共通教育新カリキュラムの完全実施
調査研究部長に平篤志教育学部教授、
外国語研究部長に水野康一経済学部教授が就任。
センター専任教員8名が配置。


2013/10/1
センター長に藤井宏史理事(教育担当)が就任。


2014/4/1
共通教育部長に高橋尚志教育学部教授、
調査研究部長に石井知彦工学部教授が就任。


2015/4/1
改組に伴い大学教育開発センターを大学教育基盤センターへ名称変更

地域教育部長に西成典久経済学部准教授、
能力開発部長に石井知彦工学部教授、

ICT教育部長に林敏浩工学部教授が就任。
センター専任教員9名が配置。

2016/4/1
地域教育部長に清國祐二生涯学習センター教授が就任。



歴代大学教育開発センター長

山口 博幸 2002/04/01 2003/09/30
竹内 博明 2003/10/01 2005/09/30
加野 芳正 2005/10/01 2006/09/30
阿部 文雄 2006/10/01 2007/12/31
武重 雅文 2008/01/01 2011/09/30
有馬 道久 2011/10/01 2013/09/30
藤井 宏史 2013/10/01 2015/03/31

  

歴代大学教育基盤センター長

藤井 宏史 2015/04/01

香川大学大学教育基盤センター

Higher Education Center

 沿 革

 概 要