医学部カテゴリ一覧

医学部の基本理念

(1)世界に通ずる医学及び看護学の教育研究を目指す。
(2)人間性豊かな医療人並びに医学及び看護学の研究者を養成する。
(3)医学及び看護学の進歩並びに人類の福祉に貢献すると共に地域医療の充実発展に寄与する。

教育理念

○医学科
(1)幅広い教養と高い倫理観を備えた人間性豊かな医師・医学研究者を育成する。
(2)自ら課題を探求し,それを解決できる高度な専門知識と技術,科学的思考力,判断力を持った医師・医学研究者を育成する。
(3)地域に根ざした医療人として地域医療に貢献し,かつ地域における医学・医療の中核としての指導的役割を担うことのできる医師・医学研究者を育成する。
(4)国際交流や国際貢献のための幅広いコミュニケーション能力と国際的視野を持った医師・医学研究者を育成する。

看護学科
(1)生命の尊重を基本として,人間に対する高い倫理性と深い思索力を持った看護職者を育成する。
(2)保健・医療・福祉の進展に柔軟に対応できる科学的判断力と専門技術を備えた看護職者を育成する。
(3)幅広い視野を持ち,地域保健医療や国際貢献の発展に寄与する看護職者を育成する。

教育目標

○医学科
(1)医学に関する問題を的確に把握し,その問題を自主的,積極的かつ総合的に解決するために必要な基本的知識及び基本的技術を修得する。
(2)生涯を通じて自己学習する基本的態度・習慣を身につけ,自らを正しく評価できる客観的判断能力を養う。
(3)医療を単に疾病の治療として把握するにとどまらず,予防・リハビリテーションをも含む包括的なものとしてとらえ,その背景にある精神的・社会的諸問題と関係づけて考える総合的な視野を養う。
 
看護学科
(1)看護の対象である人間としての権利と自由を尊重し,思考力,判断力,行動力を高めることができる能力を養う。
(2)看護の問題を総合的に判断し,解決できる基本的な知識及び看護実践能力を養う。
(3)生涯を通じて自己啓発し,看護を批判的に分析し,建設的・創造的に発展させることができる基礎的能力を養う。
(4)看護活動を通して教育,研究,管理を担い,及び国際貢献ができる能力を養う。

求める学生像

○医学科
常に進歩する医学を理解しそれを医療に生かす医師や国際的に活躍できる優れた研究者となるには,生涯にわたり絶え間ない努力と向上心が必要であり,医学・医療に一生を捧げる確固たる使命感と責任感を持っていることが必須です。さらに,医学的な専門知識と技術を修得できる高い学力,能力が必要となります。医学科の講義・実習は,質・量共に高いレベルで行われるので,それを修得するのに十分な基礎学力と科学的・論理的思考力が備わっていることが望まれます。そして何より医学への興味,学習意欲を有し,絶え間ない向上心・問題意識を持った学生を求めます。
一方,医師には学力のみならず,高い道徳・倫理観が要求されます。尊い人命を預かる医師はもちろんのこと,研究を専門とする医学研究者にも高い倫理観と責任感が求められています。さらに,患者さんとの信頼関係,他の医療スタッフや研究者との良好な対人関係を築ける協調性も非常に大切です。これらは医学を学んでいく過程で身につけていくことも可能ですが,年齢に応じた資質としてすでにある程度備わっていることが望まれます。つまり,医学部においては知情意の総合力において優れている人が理想的と言えるでしょう。
医学部医学科を志望する人は,高等学校において,理科,数学,英語,国語を中心とした基礎学力を十分に身につけていることが重要です。特に,理系科目では,物理,化学,生物を基礎とした幅広い知識を修得していることが理想です。これらは,生命現象を科学的,論理的に理解し,医学を修めるために欠くことのできない自然科学です。また,英語は,国際的に活躍するためのコミュニケーションツールとしてだけでなく,英文テキストや科学論文の読解や論述にも必要です。併せて,国語の基礎学力は,考えを論理的に展開したり文章にまとめたり,適切に表現するために必要となります。
 
看護学科
看護学は,「人間」,「環境」,「健康」,「看護」の概念を基に構成される学問です。これらの抽象的な事象について,より現実的で具体的な内容を理解する能力が重要であり,一人で学習すると同時にグループで協働して学習できる能力が備わっていることが必要です。そこで,言語的,非言語的に自己の考えを表出したり,他者の意見や価値観を尊重し,他者を思いやることができるコミュニケーション能力の修得や,看護専門職として国内外を問わず社会に発信し,生涯にわたり学び続ける能力を修得したい人を求めています。
そのため,看護学科では特に以下のような人を求めます。

1.看護の対象を包括的に捉え,問題解決するための判断力や論理的思考力,根拠に基づいた科学的思考力や批判的思考力の向上をめざすことができる人
2.幅広い学習に裏付けされた,知識の総合力と学ぶ力のある人
3.人々の健康を支援するために,看護に高い志を持ち,主体性と協働性を有して,継続して課題に取り組むことができる人

入学を希望する人は,高等学校生活の中で,基礎学力を十分身につけて,さらに,様々な活動をとおして,自分の考えを表現できるような力を身につけておいてください。

選抜方法の趣旨

医学科
求める学生像で述べたような人材を様々な観点から選抜するために,推薦入試,一般入試(前期日程・後期日程),学士編入学試験という多様な選抜方法をとっています。それぞれの入試の試験科目や配点を変えることで,多彩な能力を持った人材を確保したいと考えるからです。
推薦入試,一般入試では,医学を学ぶのに必要な広範囲の基礎学力を大学入試センター試験により評価します。また,個別学力検査では,数学,英語,理科を重要視しています。これは,論理的思考力(数学),国際的な情報収集並びに言語運用能力(英語),医学を学ぶ上での基礎的学力(理科)を測るためであり,推薦入試,一般入試(後期日程)で課している小論文でもこれらの主旨は取り入れています。面接では,医学を学ぶことに対する目的意識・人間性・論理性・学習意欲などを中心に評価しています。
学士編入学試験は,大学(医学部医学科以外)を卒業した者(学士)を第2年次へ編入学させるための選抜です。医学以外の高度な知識をも有する医師は,国際交流・国際社会への貢献,社会医学,生命科学研究など多様な分野で幅広く活躍できる人材であると期待されます。TOEIC(Test of English for International Communication)の得点と自然科学総合問題(物理,化学,生物)の学力試験により,医学を学ぶために必要な基礎学力を評価します。この学力評価に,自己推薦書の内容・面接の評価を加味して総合的に判断し選抜します。
 
看護学科
看護学科では,求める学生像で述べたような人材を様々な観点から選抜するために,香川大学 ナーシング・プロフェッショナル育成入試,一般入試(前期日程),3年次編入学試験により,多様な人材を受け入れています。
「香川大学 ナーシング・プロフェッショナル育成入試」では,大学入試センター試験を免除し,特に求める学生像1や3を重視して選抜します。第1次選抜では,出願書類の内容を総合して評価,選抜します。第2次選抜では,第1次選抜の合格者に対して小論文試験及び面接を行います。小論文は英語と日本語で出題され,読解力,論理的思考力,表現力,文章構成力などを評価します。面接は倫理観,コミュニケーション力,主体性,協働性,社会性などを評価します。これらを総合的に判断し,最終の合格者を決定します。
一般入試(前期日程)では,特に求める学生像2の知識の総合力を重視することから,大学入試センター試験5教科を受験します。大学入試センター試験の結果については,看護学を学ぶために必要な論理的思考力,基礎的学力を評価するために数学,理科に傾斜配点を行います。さらに,求める学生像1や3を重視して,倫理観,コミュニケーション力,主体性,協働性,社会性などを評価するための面接を実施します。
3年次編入学試験では,急速な国際化の中で重要視される英語を課します。さらに看護学における専門基礎学力を評価するため,看護の専門的知識を問う内容の小論文を課します。面接は,将来,看護・医療に従事する者として活躍できるかどうかの適性を判断するものです。
学部ホームページへ

このページの先頭へ