教育理念


香川大学法学部は、高等裁判所、高等検察庁をはじめとする重要な官公庁や企業がすぐ近くに所在する立地上の特色を生かして、香川大学・愛媛大学連合法務研究科とともに、法律学と政策科学の教育研究の中枢機能を果たすことを目標としています。
 
こうした目標を実現するため、次のような三つの柱を理念として教育を行っています。第一に、個人の尊厳と自由を希求し、社会正義の実現に向けて積極的に寄与する公共的市民を育てる教育。第二に、相互に尊重し協力し合える関係を築き、現実に即した問題解決をすることができる人間を育てる教育。第三に、法律学・政策科学の専門知識を活かし、身近な地域社会に対して有益な発信を行うことのできる人材を育成する教育。

教育目標


このような理念にもとづき、法学部では法律学と政策科学の専門的な素養を身につけながら、以下のような能力を養成することを目標としています。
(1)社会がかかえる問題を発見する観察力、鋭い分析力、解決案を導く柔軟な思考力
(2)社会のさまざまな利害関係の調整、紛争の解決、政策の立案を適切に行うための知識と技術
(3)自らのアイデアを的確に表現し、公正な議論を通して、社会の発展に積極的に貢献できる発信力

教育内容

このような教育目的を達成するために、基礎から比較的高度な内容への段階的履修、ゼミナールを中心としたきめの細やかな少人数及び双方向の教育、希望する将来の職業に応じて重点の異なる法律基礎コースと社会設計コースの2コース制による教育を実施しています。

求める学生像


法学部の教育目標・内容に適した資質は、次の「現代社会への関心」「論理的思考力」「コミュニケーション能力」「社会の構成員としての自覚」の四つです。このような資質を持った学生の入学を求めます。
 
[現代社会への関心]
現代社会の動きに常に関心を持っている人。書物や新聞を通して、広く社会で生じていることに対する問題意識を深め、自分の意見を持っている人。
 
[論理的思考力]
物事をさまざまな角度からとらえ、筋道を立てて考えることのできる人。
 
[コミュニケーション能力]
文章や議論の中で自分の意見を積極的にかつ説得力を持って表現できる人。相手の意見からも学べる人。議論をリードし発展させることのできる人。
 
[社会の構成員としての自覚]
社会の構成員としての自覚と責任を持ち、自律的に行動できる人。

本学部に入学を希望する人は、入学後の教育に対応できる素質を養うため、高等学校において文系・理系にとらわれない幅広い学習をしてください。高等学校で学ぶことは、大学教育の前提となるものです。まずは国際的な視野とコミュニケーション能力を重視することから、英語及び国語の基礎的な能力を身につけておく必要があります。また法学・政治学は社会科学ですから、地理・歴史あるいは公民など社会科の科目もしっかり学んでください。さらに法学・政治学に必要な論理的思考力は数学・理科の学習によって培われます。万遍なく学んでください。

選抜方法の趣旨

上記のような資質を持つ学生を選抜するために、入学試験では次のような学力を重視した選抜方法を実施します。

○一般入試
・前期日程
大学入試センター試験では、基礎的な学力をみるために5教科7科目又は6教科7科目(理科の選択科目によっては5教科8科目又は6教科8科目)を課しています。個別学力検査では、論理的思考力を測ることのできる数学又は国際的コミュニケーション能力を測ることのできる英語を課します。
・後期日程
大学入試センター試験では、基礎的な学力をみるために5教科7科目又は6教科7科目(理科の選択科目によっては5教科8科目又は6教科8科目)を課しています。個別学力検査では、高い論理的思考力と文章によるコミュニケーション能力を持った学生を選抜するため小論文試験を課します。

○特別選抜
・大学入試センター試験を免除する推薦入試(推薦Ⅰ)
論理的思考力とコミュニケーション能力をみるため小論文と面接を行います。特に、面接はグループ・ディスカッション方式で、現代社会に対する鋭い問題意識、創造的な思考力、的確な表現力と説得力を重視します。
・大学入試センター試験を課する推薦入試(推薦Ⅱ)
基礎学力に加えて現代社会に対する関心をみるため、調査書の審査では地歴・公民の成績を重視します。大学入試センター試験の教科は、国語に加え、論理的思考力を測ることのできる数学又は国際的コミュニケーション能力を測ることのできる外国語のいずれかによる受験を求めます。
・夜間主コース(社会人入試)
面接と小論文を通じて、「求める学生像」の四つの資質を判断し、面接ではさらに法学部の志望動機や働きながら勉学する意欲を確認します。
・私費外国人留学生入試
面接と日本語作文により、法学部で勉学するために必要な日本語のコミュニケーション能力と法律・政治の素養をみます。面接では志望動機や勉学する意欲を確認します。

○編入学
編入学試験(3年次に編入)は、小論文と英語の筆記試験と面接により、3年次編入に必要な学力、法学・政治学の知識、論理的思考力、コミュニケーション能力をみます。面接では志望動機や勉学する意欲を確認します。

法学部カテゴリ一覧


学部ホームページへ

このページの先頭へ