経済学科

経済理論履修モデル  
経済理論履修モデル 経済理論履修モデルは、経済学にとって基本問題とは何かを習得した上で、私たちの暮らしと経済に関わる応用問題に取り組む論理的思考能力を養成します。私たちの暮らしと経済に関わる諸問題を経済学的に把握・分析する問題発見能力と企画分析能力を磨き、大学院進学や公務員試験で必要とされるレベルの能力とスキルを修得します。
政策・制度履修モデル  
政策・制度履修モデル 現実の市場経済は幾重にも折り重なった諸政策や無数に張り巡らされた諸制度のフィルター通してはじめて機能しています。この履修モデルは、なによりもまず市場経済の有効性と限界とを冷静に見極めるバランスの取れた現実感覚を養成し、それに基づいて、各領域の制度とルールを全体の構図を視野に入れつつ設計しうる能力、すなわち政策分析能力及び政策立案能力の修得を目指します。
統計履修モデル  
統計履修モデル 社会の様々な問題を適切には把握するためには、データに対する正しい理解と知識に基づいた分析能力が不可欠です。この履修モデルは、理論的な学問知識の修得のみでなく、授業・演習などでパソコンを積極的に活用し、情報化社会に必要な統計データ処理と分析能力を身につけ、情報処理能力と融合させることによって、データに基づいて問題を実証的に分析・判断できる人材を育成します。

経営システム学科

企業・社会履修モデル  
企業・社会履修モデル 企業・社会履修モデルでは、企業経営を研究する経営学を中心とし、企業がその規模や影響力を拡大する中で、企業の活動を広く社会との関わりの中で学ぶことを目的としています。経営学の原理や歴史の学習によって得られる企業や経営についての本質的理解を踏まえ、こうした経営の問題を単に企業内部の問題として捉えるだけではなく、それを取り巻く社会や環境にまで視野を広げて学び、経営の現代的な課題を多様な角度からアプローチし、解決できるようなカリキュラムになっています。
組織・戦略履修モデル  
組織・戦略履修モデル 経営のグローバル化、技術革新、IT化の進展、労働力の多様化など、現代のビジネスには様々な要素が絡み合っています。このように複雑なビジネス環境では、現実を的確に捉え、分析するための確固たる視点が必要となります。組織・戦略履修モデルでは「組織」と「戦略」という2つの視点をもってビジネス環境を捉え、現実のビジネスで活躍する人材を育成します。
会計履修モデル  
会計履修モデル 激変する企業を取り巻く環境に適合するように、会計制度の変革や社会環境会計の普及の動きなど、会計を取り巻く状況も大きく変化しています。 このような企業環境の変化を受けて、ビジネスの状況判断に不可欠な会計情報を作成・分析・活用できる会計人が今強く求められています。会計履修モデルでは、会計に関する最新の専門知識を身につけ、これからの社会で会計人として活躍できる人材の育成を目標としています。

地域社会システム学科

国際社会文化履修モデル  
国際社会文化履修モデル 国際社会文化履修モデルでは、まず、ヨーロッパやアジアといった広域の地域について、経済、社会、文化、思想の観点から多角的・総合的に学びます。次に、演習や卒業論文で、それぞれ関心に従って、特定の地域について任意の観点から調査・研究を行います。さらに、外国語教育にカを入れています。外国語を使って直接現地の情報を入手して分析したり、あるいは、それを活用するために、インターネットによる情報の入手や発信を行います。本履修モデルでは、学生が少人数による体験型学習を通じて課題を発見する意識を育み、演習や卒業研究の場で、その課題を探求し資料を調査して卒業論文としてまとめ上げることができるように、組織的にもカリキュラム的にも配慮がなされています。
ツーリズム履修モデル  
ツーリズム履修モデル ツーリズム履修モデルは、観光を学問対象としています。本履修モデルでは、ツーリズムに対し、次の3つのキーワードでアプローチします。 第1に、「現場主義」。授業や演習(ゼミ)において、現場に足を運び、現場から考える、現場重視の授業を実施します。第2に「持続可能性(サステイナビリティ)」。現在、時代のキーワードは「大量生産・大量消費」から「持続可能性」に移っており、ことのことは産業・商品としての観光についてもあてはまります。第3には、「賢い観光者」。「観光は平和へのパスポート」と言われるように、観光には異文化理解という側面があります。本履修モデルではこのようなアプローチも観光学の重要な柱のひとつと位置づけ、各国各地域の社会、文化、言語の学習を通して、考え深く豊かな可能性を持った人材の育成を目標としています。

経済学部カテゴリ一覧


学部ホームページへ

このページの先頭へ