教育理念


○進取の気象と共生の精神
経済学部は、前身の官立高松高等商業学校の創立以来、実学を重んずる校風のもと、教養豊かな経済人を育成することを教育理念としてきました。本学部の卒業生は、地元香川は言うに及ばず、全国各地、さらには広く海外において活躍を続けています。21世紀を迎えた今日、情報伝達の高度化・迅速化は急速に進み、経済活動は今や世界的視野に立つことなしには成り立ち得ません。
本学部では、このような経済社会に積極的に参画し、地域に根ざしながら世界と連携し共生する、進取の気象に富んだ経済人の育成をめざしています。

教育目標


経済や経営に関する専門知識を活かし、多様な価値や文化に対する深い理解を背景として、国内外で活躍できる人材を育成します。
 
○専門分野に対する優れた能力
課題を発見し、探究するための専門的知識を学びます。さらに知識を活かすには実務的な処理能力をかねそなえている必要があります。理論と応用が有機的に結合した実行力のある人材を育てます。
 
○経済人としての幅広い視野
現代社会が求める経済人は、柔軟な視野にたち、コミュニケーション能力をそなえ、社会と積極的にかかわることのできる人材です。世界の諸文化について幅広い知識を持ち、多様な価値観を理解できるようにします。
 
○情報を分析し発信する能力
今日の社会は複雑化した経済情報、国境を越えた世界中のあらゆる情報に満ちあふれています。必要な情報を迅速かつ的確に収集し、分析する能力を身につけるだけでなく、自ら情報を発信することができるようにします。

教育内容


経済学部学生が学ぶ授業科目は、「全学共通科目」と「学部開設科目」に大別されます。
 
「全学共通科目」は、主に1年次の全学学生を対象に開設する教養教育科目であり、講義形式の科目のほかに、外国語や少人数による演習形式の科目などがあります。
 
「学部開設科目」は、各学部学生を対象に開設する授業科目で、課題探求能力や実務処理能力を身につけるための科目です。経済学部では学部教育の根幹として、3年次履修の「演習」及び4年次履修の「卒業論文」を必修科目として位置づけています。また、プロゼミナールなど、少人数による演習形式の授業科目も開設しています。
 
各学科では次のような教育を行っています。
 
○経済学科
現代の複雑な世界や日本の経済を数理的手法や制度・政策・歴史的分析を基礎にして、理論的にも実証的にも理解できる教育研究を行っています。現代社会が抱える経済諸問題を総合的に分析する能力やコンピューターを駆使することによる経済データの情報処理能力を身につけた人材を養成しています。
 
○経営システム学科
経済社会を構成する中核的主体である企業の行動を解明し、企業経営の実践原理を修得できる教育研究を行っています。企業経営における意思決定に携わる能力や新しい事業分野に果敢に挑戦する能力、及び簿記会計の基礎的知識、情報処理能力を身につけた人材を養成しています。
 
○地域社会システム学科
教養ある経済人の養成をめざします。そのため経済の体系的知識にくわえて、世界各地の言語、社会、文化、歴史についての幅広い知識を得て、問題を発見し解決する能力の修得をはかります。さらにコミュニケーション能力や情報処理能力を身につけるため、1年生から少人数教育を行っています。

求める学生像


本学部では、経済や社会に関するさまざまな現象に関心をもつだけでなく、解決を必要としている問題を発見し、自ら解決できるような知識と技能を修得したいと考えている学生を求めています。具体的には、論理的思考方法、情報の収集およびコンピューターを用いた処理技術、プレゼンテーション技術、コミュニケーション方法などを修得した上で、経済や社会の仕組みに関する専門的知識、企業の経営や戦略に関する専門的知識、会計や税務に関する専門的知識、世界各地の言語、社会、文化、歴史に関する幅広い知識などを修得したいと考えている人、そして以下のような職業に就きたいと考えている人を求めています。
 
(1)官公庁において国や地域の運営や活性化に従事したい人
(2)企業における経営や戦略の企画・実践に従事したい人
(3)海外での仕事や国際取引に従事したい人
 
入学を希望する人は、高等学校において、英語・数学・国語を中心とした基礎学力を身につけておいてく ださい。英語・数学・国語の基礎学力は、次のような理由から必要になります。英語の基礎学力は、大学において、国際的なコミュニケーション能力を本格的に養うために必要です。数学の基礎学力は、数学的な推理能力や論理的な能力を必要とする専門科目の講義を受けるために必要です。国語の基礎学力は、講義やゼ ミナールで文献を読んだり、レポートを書いたり、自分の意見を発表するために必要です。

選抜方法の趣旨


経済学部では、一般入試(前期日程・後期日程)のほか、大学入試センター試験を課する推薦入試やこれを免除する推薦入試など、多様な入学者選抜方式を採用し、これにより多様な人材を受け入れることをめざしています。
一般入試では、高等学校において基礎的な学力を修得した学生を選抜します。推薦入試では、高等学校において一定のレベルの学力を修得したと認められる学生の推薦を求めますが、これに加えて、スポーツ・文化活動、検定資格、生徒会活動なども評価の対象としています。

○一般入試
・前期日程
前期日程では、大学入試センター試験は5教科7科目又は6教科7科目(理科の選択科目によっては5教科8科目又は6教科8科目)とし、個別学力検査等では英語を課しています。
・後期日程
後期日程では、大学入試センター試験は5教科7科目又は6教科7科目(理科の選択科目によっては5教科8科目又は6教科8科目)とし、個別学力検査等では高い分析能力、論理的思考力等を測る小論文を課しています。

○特別選抜
・推薦入試(推薦A)
推薦Aでは、より個性的な受験生、高等学校で多様な活動をした人を求める選抜方法が行われています。大学入試センター試験は3教科4科目とし、大学入試センター試験及び調査書(特記事項)の総合点により選抜します。
・推薦入試(推薦B)
推薦Bは、高等学校で、農業、水産、工業、商業、家庭、厚生、商船、美術、音楽などに関する専門科目を主とする学科を卒業又は卒業見込みの受験生で、人物的に優れた人の入学を許可する選抜方法です。大学入試センター試験は3教科4科目とし、大学入試センター試験及び調査書(特記事項)の総合点により選抜します。
・推薦入試(推薦C)
推薦Cは、明確な経済学部への志向と勉学意欲を持っている人に入学を許可する選抜方法で、小論文、面接及び調査書(特記事項)の総合点により選抜します。
・夜間主コース(社会人入試)
夜間主コース(社会人入試)は、職業に就きながら、夜間に勉学を志す人のための選抜方法で、小論文及び面接の総合点により選抜します。
・私費外国人留学生入試
私費外国人留学生入試は、定められた教育を外国で受けて、経済学部の授業を理解できるだけの日本語能力を身につけた外国人を対象としています。面接及び提出された書類を審査し総合的に判断して選抜します。

○編入学
第3年次編入学試験は、主に大学、短期大学及び高等専門学校を卒業又は卒業見込みの人、他の大学に2年以上在学し、62単位以上を修得(見込みを含む。)した人、外国において14年以上の学校教育課程を修了又は修了見込みの人を経済学部の専門課程に受け入れる選抜方法です。筆記試験、面接及び提出書類を総合的に判断して選抜します。

経済学部カテゴリ一覧


学部ホームページへ

このページの先頭へ