地域貢献を有機的かつ全学的に進めていくため、「地域連携戦略室」を平成25年11月に設置しました。平成25年度に採択された文部科学省大学COC事業を主体的に行うほか、この組織を通じて、教員個々の活動を地域施策に結びつけると同時に、教員や学部・研究科による個別の取組を大学全体としての取組に拡大していきます。また、地域のニーズを広く吸い上げ、本学が有するシーズとのマッチングを行い、香川大学ならではの教育や研究、社会貢献を行っていくコントロールタワーの役割を担います。

平成25年度「地(知)の拠点整備事業(COC)」採択

平成25年8月、文部科学省から「地(知)の拠点整備事業(COC)」の選定結果が発表され、本学の申請が採択されました。本学の事業概要は、下記のとおりです。文部科学省の事業採択に関する公表は、こちらをご覧ください。

事業名称:「自治体連携による瀬戸内地域の活性化と地(知)の拠点整備」

連携自治体名:香川県、高松市、丸亀市、三豊市、東かがわ市、観音寺市、三木町、宇多津町

概要: 香川県には人口減少や高齢化が進む中で、定住促進、観光振興、商店街振興、離島振興、コミュニティ活性化など様々な地域課題があることから、香川大学は、自治体と連携し、学生の視点を活かしながら地域活性化策の検討と地域での実践活動を行っていくことで地域再生を図る。

組織

地域連携戦略室長(理事・副学長) 川池 秀文
副室長(生涯学習教育研究センター長) 清國 祐二
副室長(工学部・准教授) 石原 秀則
室員(地域連携戦略室・特命准教授) 鈴木 健大
室員(地域連携戦略室・特命講師) 山田 香織

お問い合わせ先

香川大学地域連携戦略室
〒760-8521 香川県高松市幸町1番1号 (幸町北キャンパス研究交流棟1F)
TEL 087-832-1359 FAX 087-832-1357

このページの先頭へ