応用生物科学科

応用生命科学コース  
農学部・応用生物科学科 近年の生命科学やバイオテクノロジーのめざましい発展により、生命現象や生物が作る物質の特性や機能を分子レベルで解明して利用することが可能になってきました。
生命科学とは、生物が示す様々な生命現象や生物機能・代謝機構を、分子(遺伝子、タンパク質)レベルで明らかにする学問領域です。
応用生命科学コースでは、微生物から高等植物や高等動物までの幅広い生物を対象として、生命科学の基礎から応用技術(生物資源・生物機能の有効利用や有用生物の育種・開発など)まで幅広く学ぶことができます。講義と実験を組み合わせて、生命科学に関する理論を体系的に学ぶとともに、様々な実験技術の習得と実践を行うためのカリキュラムが組まれています。当コースでは実験科目を通じて、種々の生物、培養細胞、遺伝子、タンパク質などの取り扱いに関する基礎技術をしっかりと学びます。微生物・植物・動物が示す複雑な生命現象や生物機能をより深く理解するために、様々な高度解析装置を用いて、研究方法を実践的に学びます。
生物生産科学コース  
農学部・応用生物科学科 21世紀の豊かな社会の発展に求められる安全で安定的な食料供給と生活に潤いをもたらす園芸資源の生産開発をめざして、遺伝子資源の評価と品種改良、生産技術・環境や生産物の流通・利用システムなどを、フィールドからバイオまで体系的かつ実践的に学びます。基礎から応用までの理論を体系的に学習し、連携した実験やフィールド(農場)実習を通して自ら検証できるユニークな教育体制を有しています。
2年後期にコース分属した後に習得する専門科目には、食用作物学、畜産学、農業気象学、農業経済学、果樹学、花き学、蔬菜学、園芸利用学、植物品種開発学、施設生産学やコース実験、フィールド実習および専門英語などがあります。3年後期に研究室分属してから課題研究に取り組み卒業論文を書きます。本コースには食料生産学領域と園芸科学領域の研究室があり、植物生理学を基礎にして食用作物や園芸作物の生産技術と発育制御、また動植物資源、生産環境やフードシステム、ポストハーベストなどについて研究しています。
環境科学コース  
農学部・応用生物科学科 現在の地球では、高度な技術文明の発達と人口の爆発的増加にともなって、資源の乱用や水・大気・土壌の汚染、生物多様性の著しい減少など、様々な問題が生じています。これらの問題に対して、まず、原因をしっかりと突き止めたうえで、環境修復・環境保全の対策を考えなければなりません。そのためには、深い専門知織と同時に、生態系を地球規模から身近な自然まで、様々なスケールで総合的に理解できる能力が必要です。
本コースでは、生態系を構成する個々の生物の特性や環境との相互作用、および環境中の物質循環について、時間的・空間的にミクロなスケールからマクロなスケールにわたって学びます。特に里海・里山・水環境を主な対象として、フィールドおよび実験室で、化学的・生物学的手法をはじめとする様々な分野の手法と理論を活用し調査・解析に取り組みます。そして、環境や生物多様性の利用・管理および保全に実践的に取り組む力を身につけます。
生物資源機能化学コース  
農学部・応用生物科学科 生体の様々な機能を物質レベルで理解し、多様な生物資源の効率的な利用法の開発に必要とされる基盤的知識の習得を目標とします。特に、有用な機能を持つ生物由来の化学物質の探索法、それらの生成・作用メカニズムや分子構造を解明するための化学的手法、さらに再生産可能資源としてのバイオマスの高度利用について重点的に学びます。
課題研究では、生体関連コロイドと希少糖の物理化学的性質、希少糖・天然物の生物活性・生物機能の探索、有用植物の機能性成分の生合成、樹木成分の化学と生化学、木質バイオマスの利用、希少糖誘導体の合成と生物活性、アレロパシー物質の探索、ケミカルバイオロジーを駆使した抗がん剤の開発などを行っています。講義と実験を通して、化学物質の取扱い・化学分析・機器分析の基礎が修得できます。これらは食品、化成品、医薬品、化粧品、建材などの製造業や環境分析等の技術サービス業、病院での検査業務に欠かせないので、それらの就職に有利です。
食品科学コース  
農学部・応用生物科学科 食品の持つ人間に対する生体調節機能を科学的に理解し、安全で、機能性が高く、様々な嗜好性に対応できる食品を開発できる人材の育成を行っています。
(1)食品の機能性;主に、「食品化学」「食品タンパク質化学」「栄養生化学」で、食品成分を化学的に理解し、これらが栄養的、生理的にどの様に影響するかについて学びます。
(2)安全性;主に、「食品衛生学」「食品微生物学」「生体防御学」で、様々な化学物質や有害微生物によって常に危険にさらされている食の安全について科学的に正しい知識を得ると共に危害防止法について学びます。
(3)嗜好性・加工特性;主に、「食品物理化学」「食品加工学」「食品機能利用学」「酵素利用学」で、おいしさとはどの様なものか、嗜好性及び機能性の高い食品を作るにはどの様に加工したら良いかを学びます。これらのため、本コースは、講義と実験・実習(工場・研究所見学なども含む)を組み合わせた、基礎から実践的内容を含む幅広いカリキュラムで構成されています。

農学部カテゴリ一覧


学部ホームページへ

このページの先頭へ