香川大学医師会主催で、筧学長の学長就任を記念して、筧学長の尊敬する日本を代表する癌研究者である垣添忠生(かきぞえ ただお)先生に下記の日程で特別講演していただくことになりましたので、お知らせします。

日時:2017年12月10日(日) 12:00~12:45
場所:香川大学幸町キャンパス オリーブスクエア(多目的ホール)

※事前申込不要直接会場にお越しください。 

内容
演題:「人生100年時代を、私はどう生きるか?」
演者:国立がんセンター名誉総長     
   公益財団法人 日本対がん協会 会長     垣添 忠生 先生
座長:香川県医師会長 久米川 啓 先生

(垣添先生のご紹介)
 垣添先生は東京大学医学部をご卒業後、泌尿器科学を専門とされ、数々の業績を上げて来られました。
 国立がんセンター中央病院長、国立がんセンター総長などを歴任され、我が国のがん診療の発展に大きな貢献をされました。

 現在は、日本対がん協会会長を務められ、がん検診の普及啓発活動をされるかたわら、居合の修練、さらには四国へ度々お越しになり、歩き遍路をされています。
 四国遍路は、最愛の奥様をがんで失われた喪失感から立ち直るきっかけを与えてくれたそうです。詳細は「巡礼日記:亡き妻と歩いた600キロ(中央公論新社)」をご覧ください。

今回のご講演は、伸び続ける平均寿命の中で我々はどのように生きるべきかをお話になられます。教職員・学生の皆様にも多数ご参加くださいますようお知らせいたします。

このページの先頭へ