社会が必要とする実践力を備えた防災・危機管理の専門家の養成を目指します。

教育機関のリスクマネジメント

■授業の目的
 教育機関をとりまく種々のリスクについて基礎的知識を習得させた上で、主として自然災害リスクに対するマネジメントの方法について理解させる。

■授業の概要
 学校教育を行う上で、認識すべきリスクについて概説した後、わが国で多発している大規模災害への備えや応急・復旧対応の方法について事例を交えて説明する。

■キーワード:教育機関、リスクマネジメント、BCP

■到達目標
 1. 教育活動を行う上で認識すべきリスクについて理解する。
 2. 教育機関が災害前に実施すべき防災・減災の方法や災害対応に関する理論や技術を修得する。

■担当教員(平成28年度)
 中野晋(徳島大学)、阪根健二(鳴門教育大学)他

シラバス


授業No内容
ガイダンス
教育機関のリスクマネジメントの必要性
学校での事件・事故リスク
学校での感染症リスク
学校での自然災害リスク① 地震災害
学校での自然災害リスク② 津波災害
学校での自然災害リスク③ 風水害
学校での自然災害リスク④ 土砂災害
総合討論①
10教育機関のリスクマネジメントの方法
11自然災害リスクの認知と評価
12教育機関の防災対策
13支援学校の防災対策
14災害時の応急対策・復旧対策
15学校防災管理マニュアルのあり方
16総合討論②

授業スライド例

授業スライド例1授業スライド例2授業スライド例3

授業スライド例4授業スライド例5授業スライド例6

授業風景

授業風景1授業風景2授業風景3

授業風景4授業風景5授業風景6

受講生への授業アンケート 平成25年度

あなたは総合的に判断して「教育機関のリスクマネジメント」に満足していますか

授業アンケートグラフ

過去資料

平成25年度まとめPDF

このページのトップへ