香川大学同窓会連合会会則

(名称)

第1条 本会は、香川大学同窓会連合会と称する。

(目的)

第2条 本会は、各同窓会相互の交流と親睦を図るとともに、香川大学の教育・研究を支援することを目的とする。

(事業)

第3条 本会は、前条の目的を達成するため、次の事業を行う。
(1)各同窓会相互の交流と親睦を図る事業
(2)香川大学の教育・研究に対する支援事業
(3)香川大学の教育・研究・環境の整備に対する支援事業
(4)その他目的を達成するために必要な事業

(会員)

第4条 本会は、次に掲げる各同窓会を会員として組織する。
(1)松楠会
(2)又信会
(3)讃樹會
(4)木蓮会
(5)緑晴会
(6)池戸会

(役員)

第5条 本会に次の役員を置く。
(1)会長  1名
(2)副会長 若干名
(3)理事  若干名
(4)監事  2名

(役員の選任)

第6条 会長、副会長及び監事は理事会において選任する。

2 理事は、各同窓会の構成員数(卒業生総数)に関係なく各同窓会より2名選出する。ただし、構成員数(卒業生総数)が1万名を超える場合は、超えた5千名につき1名の理事を追加して選出することができるものとする。

(役員の任務)

第7条 会長は、本会を代表し会務を統轄する。

2 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるときは、その職務を代行する。

3 理事は、理事会を構成し、会務に関する事項を審議する。

4 監事は、当該年度の会計を監査し、理事会に報告する。

(役員の任期)

第8条 役員の任期は、2年とし、再任を妨げない。ただし、補欠の役員の任期は、前任者の残任期間とする。

(顧問)

第9条 本会に顧問若干名を置くことができる。

2 顧問には、香川大学長及びその他適任と認められる人物を推戴する。

3 顧問は、会務に関する重要事項について助言する。

4 顧問は、理事会の議を経て会長が委嘱する。

(会議)

第10条 本会に、役員会として理事会を置く。

2 理事会は、会長、副会長及び理事をもって構成する。

3 理事会は、次に掲げる事項を審議する。
(1)会則の改廃に関する事項
(2)事業計画及び事業報告に関する事項
(3)予算及び決算に関する事項
(4)会費、寄附金に関する事項
(5)会務に関する事項
(6)その他会長が必要と認めた事項

4 理事会は必要により会長が招集し、議長は会長をもって充てる。

5 理事会は、構成員の過半数の出席により成立し、議事は出席者の過半数をもって決する。ただし、可否同数のときは、議長の決するところによる。

(会費)

第11条 本会の会員は理事会において決議した年会費を納入しなければならない。

2 年会費に関し必要な事項は別に細則をもって定める。

(経費)

第12条 本会の経費は、会費、寄附金及びその他の収入をもって充てる。

(会計年度)

第13条 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年の3月31日に終わる。

(事務局)

第14条 本会にその事務を処理するため、事務局を置く。

2 事務局は、香川大学事務局内に置く。

(その他)

第15条 この会則に定めるもののほか、本会の運営に関し必要な事項は、理事会において別に定める。

附 則

この会則は、平成19年7月8日から施行する。

ページトップへ