講演・研修会

一覧に掲載されていない講師につきましても、派遣出来る場合がございます。広報室までご相談ください。
工学部はこの他にも講座テーマがあります。詳しくは工学部Web サイトをご覧ください。

学部・氏名 教育学部・山神 眞一(教授)
テーマ 1 親子のコミュニケーション
テーマ 2 実技:親子体操
テーマ 3 子どもの体力について
テーマ 4 少年剣道指導法の実際
対象者 要相談
講演可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・佐川 友佳子(准教授)
テーマ 犯罪と国際化の問題
内容 経済、社会活動の国際化に伴って生じる犯罪の問題について考える。
対象者 高校生・一般
講演可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・平野 美紀(教授)
テーマ 1 現代の犯罪と犯罪被害支援制度
内容 1 現代社会における犯罪や犯罪者の処遇、犯罪被害者支援制度を通して、社会の一面を考える。
テーマ 2 死をめぐる自己決定と法的諸問題
内容 2 死をめぐる自己決定(尊厳死や安楽死)などを通して、医療における患者の意思のあり方、それらにかかわる法律問題を考える。
対象者
(両講演共通)
関心のある方
講演可能時期
(両講演共通)
要相談
学部・氏名 法学部・山本 慎一(准教授)
テーマ 国際法・国際連合の役割と日本
内容 国際社会で国際法や国連がどのような役割を果たしているのか、また日本との関係はどうなっているのか、現実の事例を踏まえて解説することで、国際法や国連と、日本との関係についての理解を深める。
対象者 一般
講演可能時期 相談により決定。
その他 具体的なテーマおよび内容は、要相談。ご希望のテーマによっては、お引き受けしかねる場合もあります。
学部・氏名 経済学部・大賀 睦夫(教授)
テーマ 現代の四国遍路
内容 遍路をとおして、お遍路さんがどのようにスピリチュアルに再生していくかを紹介できます。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
学部・氏名 医学部・宮武 伸行(准教授)
テーマ 楽しく学んで、楽しく実践、やさしい健康講座
内容 生活習慣病(メタボリックシンドローム、糖尿病等)、また、日常生活でできる予防改善法(運動、食事等)を実技をふまえて説明します。
対象者 一般成人
講演可能時期 要相談。
その他 所属技能補佐員もしくは大学院生が実技をいっしょに担当します。講演のみでも可能です。対象に応じて相談に応じます。
学部・氏名 工学部・吉田 秀典(教授)
テーマ 汚染土壌や汚染水の浄化について
内容 汚染されてしまった土壌や水の浄化手法の説明を通して、環境保護の重要性と悪化した環境の修復の重要性を学んで頂くのと同時に、環境保全や環境修復には、科学的な手法が重要であることを理解して頂く。
対象者 一般
講演可能時期 応相談
その他 応相談
学部・氏名 工学部・松島 学(教授)
テーマ 地震と住宅の耐震
内容 自分の家の耐震となると難しいように思えます。本講義は、素人でもわかる内容で自分の家の耐震性能を評価する方法について勉強をします。本内容を理解すれば、自宅の耐震性があるのかないのかがわかります。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
その他 四国内に限る
学部・氏名 工学部・岡崎 慎一郎(准教授)
テーマ コンクリート工学
内容 コンクリート工学に即した内容
対象者 一般
講演可能時期 応相談
その他 応相談
学部・氏名 農学部・川村 理(教授)
テーマ 食の安全に関すること(食品添加物、残留農薬、放射性物質、カビ毒、食中毒(O157、ノロウイルスなど)など)
内容 食の安全を脅かす事柄が多く報道されていますが、必ずしも正しい情報とは限りません。経済的損失なく健康な生活のためには、科学的に正しい知識を身に付ける必要があります。テーマに挙げた内容について科学的に食の安全について解説します。
対象者 高校生・一般の方
講演可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 農学部・田村 啓敏(教授)
テーマ 食品の安全教育と食のグローバル化
内容 食品産業が東南アジアなどを中心にグローバル化している。食品の60%を輸入している日本の食品安全を確保する取り組みは重要である。その現状と取り組みを紹介する。
対象者 食品関係の企業など
講演可能時期 9月、12月、3月頃
その他 午後6時以降に限る
学部・氏名 生涯学習教育研究センター・清國 祐二(センター長・教授)
テーマ イギリスの社会と学校
内容 かつて栄華を誇ったイギリスは、世界で最も早く発展し、大英帝国を築きました。しかし、20世紀に入り次々に大国に追い抜かれ、長期にわたる低成長の時代を迎えることになります。学校教育も成功しているとはいえず、かなり大胆な教育改革を進めています。その背景には、失業や移民等による格差社会があります。同じ島国である日本は、イギリスを追いかけているような感じさえします。イギリスを学ぶことで、未来の日本を考えます。
対象者 教育問題や学校制度に関心のある方。イギリスの社会に関心のある方。
講演可能時期 応相談
学部・氏名 瀬戸内圏研究センター・多田 邦尚(教授)
テーマ 瀬戸内海の海洋環境
内容 瀬戸内海の海洋環境の変遷。高度経済成長期から現在までの水質改善と栄養塩濃度不足の現状について。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 国際希少糖研究教育機構・森本 兼司(准教授)
テーマ 希少糖の作り方~砂糖との違い~
内容 希少糖の1種D-プシコースは血糖値の上昇を抑える働きや肥満の予防作用がある。またそれはレアシュガースウィートにも含まれている。これらを安全に生産する方法や砂糖の違いについて解説する。
対象者 高校生、専門学校生、大学生、一般人、企業など広い対象に対応可能
講座可能時期 随時可能
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:白木 渡、金田義行、長谷川修一、藤澤一仁、野々村敦子、磯打千雅子)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
テーマ 防災、減災、 危機管理に関する内容について、ご要望に応じてご相談お受けします。
内容 南海トラフ巨大地震の地震・津波災害に対して,災害現象のメカニズムや備える対策についてわかりやすく講演・研修を行います.
キーワード:被害予測,地震・津波シミュレーション,防災計画,土砂災害,ため池災害,避難所運営,ボランティア,防災まちあるき,防災マップづくり,避難訓練
対象者 一般、企業、行政等
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター,スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・白木 渡(特任教授・副機構長・センター長)
テーマ 想定外の災害や危機事態にいかに備えるか
内容 想定を超える災害や危機的な状況におかれた場合の防災教育、減災・縮災(災害レジリエンス)の考え方について分かり易くお話しします。また危機管理計画(BCP/DCP)、国土強靱化(ナショナルレジリエンス)についてお話しします。
対象者 限定しません(一般、教育関係者、行政や企業の方の要望に応じて内容を相談させていただきます)
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・岩原 廣彦(客員教授・副センター長)
テーマ 南海トラフ巨大地震から私たちの生命と暮らしを守るため今何が必要か
内容 近い将来発生するといわれる南海トラフ巨大地震に備え、「命と生活を守る」ために私たちは今、何をしなければならないのか?巨大地震の様相をCGや動画でイメージするとともに、過去の地震災害の教訓から、わかりやすく解説する。
対象者 限定しません
講演可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 具体的なテーマおよび内容は、要相談。
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・松尾 裕治(特命教授)
テーマ 地域を知る防災「四国防災風土資源や四国八十八話、災害アーカイブス」に関する講演について、お受けします。
内容 地域に残る四国の防災風土資源は、皆さんが「わがごと意識」をもって防災を考える素材として活用できます。現地調査で収集してきたこららの素材を基に過去の災害教訓から、今度、私達が対応すべきした大規模災害に備える対策「備災」「減災」「克災」についてわかりやすく講演・研修を行います。
キーワード:四国八十八話、防災風土資源、過去の災害教訓、備日さ、「備災」「減災」「克災」
対象者 一般、企業、行政等
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 地域強靱化研究センター・金田 義行(特任教授・副機構長・センター長)
テーマ 減災シンクタンク
内容 災害前、災害時、災害後のそれぞれのステージで活躍できる人材育成とシンクタンク機能についての相談をお受けいたします。
対象者 中高生含む市民の皆さん
講演可能時期 常時
その他 特になし
学部・氏名 地域強靱化研究センター・藤澤 一仁(特命教授・副センター長)
テーマ 行政と防災・危機管理
内容 地震や自然災害対策について、関係法や関係規程などとの関連について、行政機関として承知すべきことについてわかりやすく講演・研修を行います。
キーワード:災害対策基本法、災害救助法、水防法、防災計画、土砂災害、避難所運営、災害対策本部運営訓練等
対象者 地方公共団体
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
お申込み・お問い合わせ先
香川大学広報室
〒760-8521 香川県高松市幸町1-1
TEL : 087-832-1083/FAX : 087-832-1115   
E-mail koho2@jim.ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角に直してご利用ください)

出前講義

一覧に掲載されていない講師につきましても、派遣出来る場合がございます。広報室までご相談ください。
工学部はこの他にも講座テーマがあります。詳しくは工学部Web サイトをご覧ください。

また、高校で行われる進学相談会(授業形式や個別ブース設置方式等)への講師派遣及び大学の講義体験を、入試グループにて随時受け付けております。詳しく はこちらのページをご覧ください。

学部・氏名 教育学部・竹中 龍範(教授)
テーマ ことばを学ぶ、文化を学ぶ
内容 外国語を学ぶことは、すなわち、その文化をも学ぶことです。言語と文化とは車の両輪のようなもので、文化を担わない言語はありません。そのようなことを英語や日本語を例にあげて考えてみます。
対象者 中学校(3年生対象)・高校生(学年・学科を問わない)
講義可能時期 前期:木曜日、後期:火・木曜日
学部・氏名 教育学部・内藤 浩忠(教授)
テーマ 大学で学ぶ数学
内容 大学の教養課程(理科系)で学ぶ(であろう)数学の概説をする。高校までの数学との違いにもふれたい。質問の時間も十分に取りたい。(講義内容以外のことでもよい)
対象者 高校生
講義可能時期 要相談(基本的にはいつでもよい。)
学部・氏名 教育学部・毛利 猛(教授)
テーマ 高校生のための教育学入門
内容 教育学は、わたしたちの教育経験の反省に根ざした学問です。この講座では、自分が受けてきた教育を「責任ある教育者の立場」から振り返りながら教育学の基礎を学びます。
対象者 高校生
講義可能時期 要相談
学部・氏名 教育学部・山神 眞一(教授)
テーマ 1 親子のコミュニケーション
テーマ 2 実技:親子体操
テーマ 3 子どもの体力について
テーマ 4 少年剣道指導法の実際
対象者 要相談
講演可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・佐川 友佳子(准教授)
テーマ 犯罪と社会
内容 犯罪とは何か、犯罪をするとどうなるのか、具体的な事例を参考に考えてみる。
対象者 小学生~高校生
講演可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・平野 美紀(教授)
テーマ 現代社会における犯罪と被害について
内容 現代社会における犯罪や犯罪者の処遇、犯罪被害者支援制度を通して、社会の一面を考える。
対象者 小学校5年生以上
講義可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・山本 慎一(准教授)
テーマ 法学部での学びと国際法・国際連合の世界
内容 法学部で学ぶ内容を紹介するとともに、国際法や国連の仕組み、役割などを解説することで、法学部での学習や、国際法・国連に対する興味・関心・理解を深める。
対象者 高校生
講義可能時期 相談により決定。
その他 国際法や国連を中心とした国際機構の話に焦点を絞ることで、法学部志望者だけでなく、国際系や政策系の学部志望者にも対応可能。
学部・氏名 経済学部・大賀 睦夫(教授)
テーマ 現代の四国遍路
内容 お遍路さんは、どのような動機で遍路をするのか、遍路で体験することは何か、遍路をとおしていかに人間的に成長していくのかといったことを紹介します。
対象者 高校生
講演可能時期 要相談
学部・氏名 医学部・宮武 伸行(准教授)
テーマ 楽しく学んで、楽しく実践、やさしい健康講座
内容 生活習慣病(メタボリックシンドローム、糖尿病等)、また、日常生活でできる予防改善法(運動、食事等)を実技をふまえて説明します。
対象者 小学生、中学生、高校生
講義可能時期 要相談。
その他 所属技能補佐員もしくは大学院生が実技をいっしょに担当します。講演のみでも可能です。対象に応じて相談に応じます。過去の実績あります。
学部・氏名 工学部・吉田 秀典(教授)
テーマ 汚染土壌や汚染水の浄化について
内容 汚染されてしまった土壌や水の浄化手法の説明を通して、環境保護の重要性と悪化した環境の修復の重要性を学んで頂くのと同時に、環境保全や環境修復には、科学的な手法が重要であることを理解して頂く。
対象者 中学生以上
講演可能時期 応相談
その他 応相談

 

学部・氏名 工学部・岡崎 慎一郎(准教授)
テーマ コンクリート工学
内容 コンクリート工学に即した内容
対象者 応相談
講演可能時期 応相談
その他 応相談
学部・氏名 農学部・亀山 宏(准教授)
テーマ 農業の多面的機能とコミュニティー
内容 農業の多面的機能についての取り組みを紹介します。活動組織の共同活動を通じて,コミュニティーについて考えます。
対象者 要相談
講義可能時期 6月~7月
その他 スライド、ビデオを準備するために県の農村整備課のご協力を依頼願います。
学部・氏名 農学部・川村理(教授)
テーマ 食の安全に関すること(食品添加物、残留農薬、放射性物質、カビ毒、食中毒(O157、ノロウイルスなど)など)
内容 食の安全を脅かす事柄が多く報道されていますが、必ずしも正しい情報とは限りません。経済的損失なく健康な生活のためには、科学的に正しい知識を身に付ける必要があります。テーマに挙げた内容について科学的に食の安全について解説します。
対象者 中学生・高校生
講義可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 農学部・渡邉 彰(准教授)
テーマ 微生物とバイオテクノロジー
内容 微生物は、自然界の物質循環において重要な役割を果たしているだけでなく、我々の生活においても、古くから深い関係がある。本講義では、微生物が持つ多様な能力およびそのバイオテクノロジーについて紹介する。
対象者 高校生
学部・氏名 総合生命科学研究センター・神鳥 成弘(教授)
テーマ 分子のかたち
内容 世の中にあるすべてのものは、分子がたくさんあつまってできています。分子は原子がしっかりと結びついてできています。その結びつき方で、たくさんの種類の分子ができるわけです。ここでは、分子のかたちについて易しく説明します。
対象者 中学生・高校生
講義可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 プロジェクター、スクリーンがあることが望ましい
学部・氏名 瀬戸内圏研究センター・多田 邦尚(教授)
テーマ 瀬戸内海の海洋環境
内容 瀬戸内海の海洋環境の変遷。高度経済成長期から現在までの水質改善と栄養塩濃度不足の現状について。
対象者 高校生
講演可能時期 要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 国際希少糖研究教育機構・森本 兼司(准教授)
テーマ 希少糖の作り方~砂糖との違い~
内容 希少糖は微生物の酵素によって安価な単糖類を原料にして作られる。希少糖の工程とともに酵素の働きや水との関係について学ぶ。また砂糖との違いについても解説する。
対象者 中学生・高校生
講義可能時期 随時可能
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:金田義行、長谷川修一、野々村敦子)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
テーマ サイエンスカフェ
内容 地球の歴史や四国の成り立ちを知ることにより、自然からの恩恵と災害に備える姿勢、とっさの行動を身に着ける。
対象者 小学校高学年~高校生
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・白木 渡(特任教授・副機構長・センター長)
テーマ 安全・安心の科学
内容 災害、リスク、安全、安心、危機についての考え方や対処方法について分かり易く説明します。
対象者 中学生~高校生
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・岩原 廣彦(副センター長・客員教授)
テーマ 防災カードゲーム・クロスロードを通じて学ぶ災害時心理~災害時に逃げ遅れないために~
内容 災害発生時に人はどのように考え、どのように行動するのかについて、「防災カードゲーム・クロスロード」を使って、当事者として能動的に考え、悩み、判断することを体験し、災害時における人の心理をわかりやすく解説する。
対象者 学年は問わない
講義可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 具体的なテーマおよび内容は、要相談。
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・松尾 裕治(特命教授)
テーマ 誰でもができるローテク防災術
内容 誰でもができるローテク防災術として、新聞紙簡易スリッパ、簡易雨量計(アメミルペット)の製作やロープワークを体験してもらいます。
対象者 小学校高学年~高校生
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン、新聞紙、ペットボトルなど
お申込み・お問い合わせ先
香川大学広報室
〒760-8521 香川県高松市幸町1-1
TEL : 087-832-1083/FAX : 087-832-1115   
E-mail koho2@jim.ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角に直してご利用ください)

生涯学習講座(市町村等において実施する生涯学習講座に講師を派遣できるもの)

一覧に掲載されていない講師につきましても、派遣出来る場合がございます。広報室までご相談ください。
工学部はこの他にも講座テーマがあります。詳しくは工学部Web サイトをご覧ください。

学部・氏名 法学部・佐川 友佳子(准教授)
テーマ 犯罪と社会
内容 そもそもどのような行為が犯罪となり、それに対する適切な刑罰の在り方とは何かを考えてみる。
対象者 青年、壮年、高年
講演可能時期 要相談
学部・氏名 法学部・平野 美紀(教授)
テーマ1 現代の犯罪と犯罪被害支援制度
内容1 現代社会における犯罪や犯罪者の処遇、犯罪被害者支援制度を通して、社会の一面を考える。
テーマ2 死をめぐる自己決定と法的諸問題
内容2 死をめぐる自己決定(尊厳死や安楽死)などを通して、医療における患者の意思のあり方、それらにかかわる法律問題を考える。
対象者
(両講座共通)
関心のある方
講座可能時期
(両講座共通)
要相談
学部・氏名 法学部・山本 慎一(准教授)
テーマ 国際法・国際連合の役割と日本
内容 国際社会で国際法や国連がどのような役割を果たしているのか、また日本との関係はどうなっているのか、現実の事例を踏まえて解説することで、国際法や国連と、日本との関係についての理解を深める。
対象者 一般
講座可能時期 相談により決定。
その他 時期や具体的なテーマおよび内容は、要相談。ご希望のテーマによっては、お引き受けしかねる場合もあります。
学部・氏名 経済学部・大賀 睦夫(教授)
テーマ 現代の四国遍路
内容 お遍路さんは、どのような動機で遍路をするのか、遍路で体験することは何か、遍路をとおしていかに人間的に成長していくのかといったことを紹介します。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
学部・氏名 医学部・宮武 伸行(准教授)
テーマ 楽しく学んで、楽しく実践、やさしい健康講座
内容 生活習慣病(メタボリックシンドローム、糖尿病等)、また、日常生活でできる予防改善法(運動、食事等)を実技をふまえて説明します。
対象者 どなたでも
講座可能時期 要相談。
その他 所属技能補佐員もしくは大学院生が実技をいっしょに担当します。講演のみでも可能です。対象に応じて相談に応じます。
学部・氏名 工学部・吉田 秀典(教授)
テーマ 汚染土壌や汚染水の浄化について
内容 汚染されてしまった土壌や水の浄化手法の説明を通して、環境保護の重要性と悪化した環境の修復の重要性を学んで頂くのと同時に、環境保全や環境修復には、科学的な手法が重要であることを理解して頂く。
対象者 一般
講演可能時期 応相談
その他 応相談
学部・氏名 工学部・松島 学(教授)
テーマ 地震と住宅の耐震
内容 自分の家の耐震となると難しいように思えます。本講義は、素人でもわかる内容で自分の家の耐震性能を評価する方法について勉強をします。本内容を理解すれば、自宅の耐震性があるのかないのかがわかります。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
その他 四国内に限る

 

学部・氏名 工学部・岡崎 慎一郎(准教授)
テーマ コンクリート工学
内容 コンクリート工学に即した内容
対象者 応相談
講演可能時期 応相談
その他 応相談
学部・氏名 農学部・亀山 宏(准教授)
テーマ 共生社会をめざしたファシリテーション
内容 ファシリテーションの紹介とワークショップ
対象者 一般
講義可能時期 6月~7月
その他 10人~20人の少人数でのワークショップを中心に
学部・氏名 農学部・川村理(教授)
テーマ 食の安全に関すること(食品添加物、残留農薬、放射性物質、カビ毒、食中毒(O157、ノロウイルスなど)など)
内容 食の安全を脅かす事柄が多く報道されていますが、必ずしも正しい情報とは限りません。経済的損失なく健康な生活のためには、科学的に正しい知識を身に付ける必要があります。テーマに挙げた内容について科学的に食の安全について解説します。
対象者 どなたでも
講演可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 生涯学習教育研究センター・清國 祐二(センター長・教授)
テーマ 高齢期の学習活動・地域参加・社会貢献
内容 豊かな高齢社会を作るために、高齢期における学習活動や地域参加は欠かせません。高齢期の学習者としての特性を理解し、地域参加の方法や具体的事例の紹介をしながら、高齢者の社会貢献について一緒に考えていきます。
対象者 高齢者(長寿大学・高齢者学級等の受講者)
講座可能時期 応相談
学部・氏名 瀬戸内圏研究センター・多田 邦尚(教授)
テーマ 瀬戸内海の海洋環境
内容 瀬戸内海の海洋環境の変遷。高度経済成長期から現在までの水質改善と栄養塩濃度不足の現状について。
対象者 一般
講演可能時期 要相談
その他 液晶プロジェクターとスクリーンがあること
学部・氏名 国際希少糖研究教育機構・森本 兼司(准教授)
テーマ 希少糖の作り方~砂糖との違い~
内容 希少糖の1種D-プシコースは血糖値の上昇を抑える働きや肥満の予防作用がある。またそれはレアシュガースウィートにも含まれている。これらを安全に生産する方法や砂糖の違いについて解説する。
対象者 青年、壮年、高年、女性
講座可能時期 随時可能
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:白木 渡、金田義行、長谷川修一、藤澤一仁、野々村敦子、磯打千雅子)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
テーマ 防災、減災に関する内容について、ご要望に応じてご相談お受けします。
内容 南海トラフ巨大地震の地震・津波災害に対して,災害現象のメカニズムや備える対策についてわかりやすく講演・研修を行います.
キーワード:被害予測,地震・津波シミュレーション,防災計画,土砂災害,ため池災害,避難所運営,ボランティア,防災まちあるき,防災マップづくり,避難訓練
対象者 一般
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・白木 渡(特任教授・副機構長・センター長)
テーマ 「災害と危機管理」、「事業継続計画(BCP)と地域継続計画(DCP)」、「災害レジリエンス」
内容 個人、企業、地域コミュニティ、市町村の防災・危機管理対策について分かりやすく解説します。
対象者 限定しません(一般、教育関係者、行政や企業の方の要望に応じて内容を相談させていただきます)
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・岩原 廣彦(副センター長・客員教授)
テーマ1 地域の防災・減災に向けた自主防災活動のあり方について
内容1 地域の防災の第一歩はその地域の「問題・課題」を見つけ、地域の「強み」と「弱み」を知ること。自主防災活動を活性化するための、みんなが楽しんで参加できる身近なイベントや、防災知識・情報を伝達する工夫などの具体的活動内容について解説する。
テーマ2 防災カードゲーム・クロスロードを通じて学ぶ災害時心理 ~災害時に逃げ遅れないために~
内容2 災害発生時に人はどのように考え、どのように行動するのかについて、「防災カードゲーム・クロスロード」を使って、当事者として能動的に考え、悩み、判断することを体験し、災害時における人の心理をわかりやすく解説する。
テーマ3 近年頻繁する自然災害(地震・水害・土砂災害)に備える
内容3 近年多発する自然災害により、私たちの生活基盤である電気・水道・ガス・通信・交通などのライフラインはどのような被害を受けるのか?普段の快適な生活基板の中で私たちが備えていなければならないことは何か?などについてわかりやすく解説する。
テーマ4 住民自らが地区防災計画を作って、自助、共助の動きを高めよう
内容4 地区防災計画制度の背景、計画の基本的な考え方、計画の内容、計画提案の手続、計画の実践と検証等についてわかりやすく説明します。
対象者
(全テーマ共通)
限定しません
講座可能時期
(全テーマ共通)
随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他
(全テーマ共通)
具体的なテーマおよび内容は、要相談。
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・松尾 裕治(特命教授)
テーマ ~過去の災害から学ぶ~ローテク防災術
内容 過去の災害には、防災の方策を知る上で極めて重要な教訓が多く含まれています。これらの過去の災害教訓から導き出したローテク防災術について、講義します。
対象者 一般
講演可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン、新聞紙 など
お申込み・お問い合わせ先
香川大学広報室
〒760-8521 香川県高松市幸町1-1
TEL : 087-832-1083/FAX : 087-832-1115   
E-mail koho2@jim.ao.kagawa-u.ac.jp (@を半角に直してご利用ください)

その他提供できる事項

一覧に掲載されていない講師につきましても、派遣出来る場合がございます。広報室までご相談ください。

学部・氏名 医学部・宮武 伸行(准教授)
【提供できる事項】熱中症の話
テーマ 熱中症
内容 熱中症の実情、予防法をわかりやすく説明します。
対象者 一般成人(職場、地域)
講義可能時期 要相談
その他 約1時間の内容です。
学部・氏名 工学部・吉田 秀典(教授)
【提供できる事項】技術相談
テーマ 汚染土壌や汚染水の浄化について
内容 汚染されてしまった土壌や水の浄化手法として,香川大学で開発した高機能吸着剤と,浄化システムについて技術的な相談を受け付ける。
対象者 上記に関わる技術者
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン、新聞紙、ペットボトルなど
学部・氏名 生涯学習教育研究センター・清國 祐二(センター長・教授)
【提供できる事項】PTA等の保護者向けワークショップ研修
テーマ 現代の子育ての悩みを共に考える
内容 子育てや保護者同士の付き合い方、学校との向き合い方、現代の社会環境の中では些細なことが当事者にとっては大きな悩みとなります。悩みそれぞれの答は教えられるものではなく、気づくことでしか見つけられません。ワークショップを通して、同じ境遇にある保護者同士の学び合いから多くの気づきを導きます。
対象者 保護者
講義可能時期 要相談
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:萩池昌信、野々村敦子(クロスロード)、磯打千雅子)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
【提供できる事項】避難所運営や防災訓練に関する研修,企画相談
テーマ 避難所運営ゲーム(HUG)、クロスロードゲーム等の机上訓練や実践訓練
内容 災害を想定した訓練に関する研修や企画について指導や当日の講師等ご要望に応じてご相談お受けします。
対象者 一般、企業、行政等
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:白木 渡、井面仁志、磯打千雅子、髙橋亨輔)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
【提供できる事項】訓練シミュレーターを用いた防災研修
テーマ 3次元バーチャルリアリティで再現した学校や施設での避難訓練体験
内容 香川大学で開発した訓練シミュレーターを使用した訓練体験。学校防災コース、行政・企業コース、応急手当・救命コースがあります。
対象者 一般、学校、企業、行政等
講義可能時期 常時
その他 香川大学林町キャンパスで実施します。1回で最大20名まで体験可能です。
学部・氏名 四国危機管理教育・研究・地域連携推進機構
(担当:白木 渡、藤澤一仁、磯打千雅子)
※教員のご指名がない場合は担当教員の中から派遣いたします。
【提供できる事項】事業継続計画(BCP)の策定、運用、維持管理について
テーマ 事業継続計画(BCP)の策定、運用、維持管理について
内容 企業、行政、施設における事業継続計画の策定手順、運用方法について
対象者 企業、行政、施設管理者等
講義可能時期 常時
その他  
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・白木 渡(特任教授・副機構長・センター長)
テーマ 防災訓練シミュレーターを活用した防災教育・訓練
内容 学校防災、地域防災、企業防災に関する想定外の事態を3次元シミュレーションシステムを活用して実体験に近い訓練が可能です。
対象者 小学生~高校生、一般、教員、企業関係者、行政職員、お一人からでも体験可能です。
講演可能時期 常時
その他 事前申し込みをお願いします。
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・岩原 廣彦(副センター長・客員教授)
【提供できる事項】BCP(事業継続計画)策定に関するもの
テーマ BCP(事業継続計画)策定の概念と実効性の確保
内容 近年、行政・企業などの組織におけるリスクは複雑・多様化し、思いもかけないことから、事業継続に支障を来す組織も少なくない。事前に事態を想定したBCPを策定していた組織は、被害を最小限にとどめ、業務を継続している組織もある。大学で講義しているBCP策定の必要性と策定方法をわかりやすく解説する。
対象者 限定しません。
講義可能時期 随時可能ですが、内容・時間などについては要相談
その他 具体的なテーマおよび内容は、要相談。
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・松尾 裕治(特命教授)
【提供できる事項】津波避難シュミレーションゲームに関する体験・指導
テーマ 室内に於ける津波避難シュミレーションゲーム
内容 地震で被災した廊下や道路を想定し障害物を置いた避難路(コース)を作り、5人1組で、負傷者として目隠し、両腕不使用、片足不使用の人がゲームに参加して制限時間を設けてゴールを目指す津波避難訓練です。
対象者 小学校高学年~高校生、自主防災組織
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン、会場のスペースなど
学部・氏名 危機管理先端教育研究センター・萩池 昌信(特命教授)
【提供できる事項】災害時の簡単な医療対応
テーマ START式トリアージ、AEDの使い方、応急手当など
内容 一般の方による医療トリアージ(カードを用いた机上演習や実習)、AEDの使い方の実習など
対象者 一般、学校、企業、行政、医療施設など
講義可能時期 常時
その他 プロジェクター、スクリーン など

このページの先頭へ