香川大学 地(知)の拠点整備事業

地(知)の拠点

かがわ定住促進プロジェクト

目的

香川大学生と県外大学生とが協力して香川県への定住促進等に関する地域活性化の方策を調査研究し、具体的な提案を行うとともに、香川の魅力に関する情報発信を行うことで、学生の香川県内への就職・定住につなげることを目的とします。

実施内容

香川大学生が県外在住の学生がともに行う「地域体験型インターンシップ」を企画・実施し、それぞれのインターンシップ実施地域における就労体験を通じ、地域課題を分析し、活性化施策について調査します。また、移住希望者に対する情報発信、移住後の受け入れ体制の整備を図るため、移住者同士の交流の場となるウェブサイトの作成・運営を行い、香川の魅力を発信し、移住定住促進に繋げます。

実施スケジュール

  • 平成28年8月5日(金)~9日(火) 移住者で活気あふれる「男木島」で就労体験(高松市)
    ○参加人数 
     男子学生2名(県外大学1名、香川大学1名)
     女子学生5名(県外大学3名、香川大学2名) 
    ○スケジュール 
     8/5(金) オリエンテーションおよび島内散策、夏の大祭「大ならし」見学
     8/6(土) 「瀬戸内国際芸術祭」活動補助および島のお食事処運営補助、夏の大祭「宵宮」参加
     8/7(日) 「瀬戸内国際芸術祭」活動補助および島内清掃活動、海産物捕獲作業
     8/8(月) 「こえび隊」活動支援  
     8/9(火) 活動報告会 
    ○学生の声
      「男木島灯台からの景観は大変美しく、心が洗われるようであった。」(香川大1年) 
      「島の人々や他大学生との関わりを通じて、これまで苦手分野だった人との関わり方や距離の図り方を身に着ける
         ことができた。」(香川大1年)
      「当たり前の生活が、島では当たり前ではないということを身をもって体験することで、日々の暮らしのありがたさを
       実感するとともに、 これからを大切に生きていこうという思いが生まれた。」(香川大3年)
      「島の方々の生の声を聞くことで、移住者との考えの違いや、観光客受入に対する葛藤のようなものが感じられた。
         やはり、全員一致でまちづくりをしていくことは難しいことであると改めて実感した。」(立教大3年)
      「卒業後は公務員として働くことを希望しているが、今回のインターンシップで得た経験を糧に、地元の地域活性化
       にも活かしていきたい。」(中央大3年)
      「話すことが苦手な私だが、こえび隊での活動を通して、解説であればあまり無理なく人と会話できるという側面に
        ついて知ることができた。また、お客様からいただいた意見がとても面白く、価値のある役割であった。」(中央大4年)
      「今回のインターンシップで培った経験を活かし、将来は住民が主体となって活動できる地域づくりをサポートして
       いきたいと考えるようになった。」(大阪府立大4年)

  • 平成28年9月5日(月)~9日(金) 自然の恵み豊かな「小豆島」でUターン施策について考える(小豆郡小豆島町)
    ○参加人数 
     男子学生1名(県外大学1名) 
     女子学生6名(県外大学3名、香川大学生3名) 
    ○スケジュール 
     9/5(月) オリエンテーションおよび「中山千枚田」視察、こまめ食堂ヒアリング
     9/6(火) 小豆島町内にてヒアリング(なかぶ庵、(有)丸島運送店、ホテルたるや、sports community STEP、
                      ひろきや旅館、㈱瀬戸の香)
     9/7(水) 小豆島町内にてヒアリング(ヤマロク醤油㈱、(有)中川サービス、NPO「Totie」)
     9/8(木) 小豆島町内にてヒアリング(オリーブ公園、プラージュ、自然舎)
       9/9(金) 施策提案発表および意見交換会
    ○学生の声
     「島でのヒアリング活動を通じて、自分を見つめ直すきっかけを得たとともに、将来に向けて、様々な分野について
        学んでみたいと考えるようになった。」(香川大1年)
     「人口減少時代に直面し、決して他人事ではないことを実感した。今回の学びから得た情報や施策を積極的に発信
        していきたい。」(香川大1年)
     「小豆島の方々の温かさに触れ、また。仲間から良い刺激をもらえたことで、自分自身が成長できたと思える5日間
        であった。」(香川大1年)
      「5日間、違う大学、年代を超えた仲間と過ごす中で、普段の学びでは得られない達成感を味わった。」(和歌山大1年)
      「将来、小豆島にUターンする予定であるが、自分ひとりでできることは限られている。そこで、一人でも二人でも、
       小豆島を想う人の輪を広げて行き、愛する故郷の発展に尽力したい。」(琉球大3年)
      「ヒアリングや小豆島の中高生へのアンケート結果を通じて、地元はどうなんだろう?と考えることがしばしばあった。
       このきっかけを無駄にしないようにしたい。」(県立広島大3年)
      「ヒアリングでは、Uターン者が歩んできた人生の一部を聞くこととなり、非常に刺激を受けたとともに、自分に置き
         換えることで今後歩みたい道が見えてきた。」(中央大3年)