香川大学

技術交流協力会(KING)

技術交流協力会 KING ( Kagawa Intelligent NetworkinG )

 技術交流協力会(KING)は、香川大学工学部が発足して4年半、そして地域開発共同研究センターが発足して2年半が経過した平成14年4月に産学連携の担い手である香川大学地域開発共同研究センターの活動をご支援頂くべく、科学技術・研究開発に携わる産・官・学の人々の交流の場として発足いたしました。  この間、共同研究を始めとする香川大学との産学協力も大きく進展し、その成果は共同研究だけでなく、地域コンソーシアムプロジェクトの成立などの形でも現れてきております。そして、昨今の産業の状況からも、より一層の産学連携の強化と、新技術による地域産業の活性化が期待されるところです。
 そこで、本技術交流協力会では、いろいろな分野毎に、地域技術の担い手を中心におき、その個性のもとに大学の研究者、そして地域の技術者が集って技術交流グループを構成、地域の技術を高めていこうというものです。そして、この交流グループで企業のニーズと大学のシーズを結びつけ、共同研究や地域コンソーシアムを提案していければと考えております。
 技術交流協力会の本組織は、法人会員と個人会員から構成されており、その会費により技術交流グループの研究会開催や講師の招聘、研究会の連絡、印刷物の配布などを行います。
                                    平成14年4月1日
     
技術交流協力会(KING)について詳しくはこちら

KINGとは、

 香川大学地域開発共同研究センター技術交流協力会の愛称であり、当地域(Kagawa)の科学技術・研究開発に携わる産・官・学の人々(Intelligent)の 交流の場(NetworkinG)です。
 
お問い合わせ先
社会連携・知的財産センター
〒761-0396 香川県高松市林町2217-20
TEL:(087)864−2522(代表)/FAX:(087)864−2549
E-mail:ccip<at>eng.kagawa-u.ac.jp
copyright(c) 2008 KAGAWA University. All Rights Reserved.