香川大学

目的・沿革

設置の目的

 社会連携・知的財産センターは、本学における産学官連携活動を推進すること、知的財産の創出、取得、活用及び管理を戦略的に実施すること、ならびに本学の各種組織を有機的に連携した全学的な知的財産の管理・活用体制を整備することにより、産学官交流の場として地域の科学技術発展と産業の振興に寄与するとともに、本学の学術研究及び教育の充実に資することを目的としています。
 これらの活動を円滑に行うため、これまで2つのセンターが並列に活動を展開し築いてきたものを効率良く総合的に推進し産学官連携活動のさらなる充実を図るため、平成20年4月に地域開発共同研究センターと知的財産活用本部を統合し、社会連携・知的財産センターを設置しました。

地域開発共同研究センターの沿革(平成12年4月に設置)

 香川大学地域開発共同研究センターは、地域社会の科学技術の発展と産業の振興に寄与するとともに、大学における教育研究活動にも活力を与え、相互に発展するための施設として、平成12年4月に設置され、主として民間企業等と大学との共同研究及び技術交流を推進し、地域企業の技術開発の促進と技術力向上のお手伝いをしてきました。
 本センターは、工学部のキャンパス内に置かれ、公設試、民間の研究開発機関やベンチャー企業が多数集まる有数の頭脳集積地である香川インテリジェントパークの中核として、他研究機関と協調し、本学の自然系・人文系・社会系学部の協力の下に、「技術開発フェーズ」のみならず、地域におけるニーズ、シーズの動向を見極めて有効な技術開発の方向を研究する「現状評価フェーズ」や、開発した技術の事業化のための経営戦略を研究する「事業化フェーズ」を含めた共同研究を実施するとともに、地域の今後の技術開発の方向付けを行い、また、その方向付けに沿った共同研究を積極的に推進してきました

知的財産活用本部の沿革(平成16年4月に設置)

 香川大学知的財産活用本部は、大学の有する知的財産を有効に活用して地域社会への貢献を図るための組織として、平成16年4月に設置され、知的財産を大学の資産として管理・運用し、研究成果を社会へ還元するとともに、発明者である研究者にその成果をお返することで、研究力の更なる強化を図ることを主たる活動の目的としてきました。
 本学の地域開発共同研究センターや株式会社テクノネットワーク四国(四国TLO)との連携のもと、知的財産を核とする様々な産官学連携活動に取り組み、地域産業の発展や新産業の創出に寄与してきました。

 
お問い合わせ先
社会連携・知的財産センター
〒761-0396 香川県高松市林町2217-20
TEL:(087)864−2522(代表)/FAX:(087)864−2549
E-mail:ccip<at>eng.kagawa-u.ac.jp
copyright(c) 2008 KAGAWA University. All Rights Reserved.