入学料は、本学に入学する前に納付しなければならないものですが、納付が困難であったり、納付期限までに納付が困難な場合には、事前に申請を行うことにより、入学料の免除又は徴収猶予(以下「入学料免除等」という)を許可することができる制度です。

1.入学料免除等の許可は、申請者の中から、選考により決定します。

2.入学料免除等の申請者は、選考の結果が出るまでの間、入学料の納付が猶予されます。

3.入学料免除等の申請者が、本学の入学手続を完了した後に、入学を辞退する場合は、入学料免除等の申請を辞退したものとして、本来入学手続を行うまでに納付しなければならない入学料の「未納者」ということになりますので、直ちに入学料を納付していただくことになります。
 

入学料免除

本人からの申請により、選考の上、入学料の全額又は半額の免除を許可する制度です。

○免除の対象

1.大学院生及び専攻科生

(1)経済的理由によって入学料の納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者

(2)入学前1年以内において、学生の学資を主として負担している者(以下「学資負担者」という)が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合で、入学料の納付が著しく困難であると認められる者

(3)前号に準ずる場合であって、学長が相当と認める事由がある場合で、入学料の納付が著しく困難であると認められる者

2.学部生

(1)入学前1年以内において、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受けた場合で、入学料の納付が著しく困難であると認められる者

(2)前号に準ずる場合であって、学長が相当と認める事由がある場合で、入学料の納付が著しく困難であると認められる者

入学料徴収猶予

本人からの申請により、選考の上、入学料の徴収猶予を許可する制度です。

(最長翌年2月末日まで)

○徴収猶予の対象

1.経済的理由によって納付期限(入学手続期間)までに納付が困難であり、かつ学業優秀と認められる者

2.入学前1年以内において、学資負担者が死亡し、又は本人若しくは学資負担者が風水害等の災害を受け、納付期限(入学手続期間)までに納付が困難であると認められる者

3.その他やむを得ない事情があると学長が認める者

入学料免除等の申請の手続

所定の申請書に必要書類を添えて、指定の期日までに、学長に申請します。
申請手続きについては、入学手続案内書類やホームページにてお知らせします。

 
新入生用の申請のしおり(申請要項)はこちらのページを参照してください

 

【照会先】  教育・学生支援室 学生生活支援グループ (授業料免除担当)

〒760-8521 香川県高松市幸町1-1

TEL:087-832-1163

FAX:087-832-1170

このページの先頭へ