香川大学「Administration Staff Meeting 2009」を開催

香川大学では、第3回「Administration Staff Meeting」を12月18日(金)~19日(土)の2日間の日程で、坂出グランドホテル(坂出市)において実施した。このミー ティングは、大学から離れた環境で、また役員会や部局長等会議などのような公式な場とは別に、ざっくばらんな形での議論も有意義であることから、平成19 年度から実施しているもので、本年度で3回目の実施となる。
今回のミーティングでは、香川大 学憲章に基づいた教育、研究、社会貢献を進めるために、目下の主要課題について関係者が一堂に会し、集中的に議論することにより、関係情報の共有、必要な 取組の推進を図ることを目的とし、学長はじめ、理事・副学長、学部長等の総勢35名が参加し、学長のあいさつを皮切りに、2日間に渡る議論が行われた。
今年度のミーティングとして、第1日目には、平成22年度予算案が注目される中、本学の 教育研究の発展に不可欠である競争的資金をはじめとする、外部資金確保のための取組や研究マネジメント等について、学内外の事例をもとに議論が行われると ともに、情報共有が図られた。また、第2日目には、大学教育における質の保証が求められる状況下で、本学の全学共通教育体制による教養教育の在り方につい て活発な議論が行われた。

このページの先頭へ