1月11日(木)に、エリーエリアフ・コーヘン駐日イスラエル大使とシュムリック・バース参事官及び日本イスラエル友好議員連盟幹事長の大野衆議院議員が本学を訪問されました。

コーヘン大使は「ユダヤ人と日本人」と題した講演を行いました。
講演会ではしばらく’流暢な日本語’で大相撲講演を開催したことなどユーモア溢れる話題を語られたり、イスラエルの近況などを英語で話されました。
講演終了後、コーヘン大使は学長と懇談され、 イスラエルや周辺国からの留学生の受け入れ状況、学生寮の設置状況などについてご質問されました。

このページの先頭へ